2014.1.18スペイキャスト練習2014-01-18(Sat)

今日の天気予報は最高気温氷点下1度だけど風が弱い。
久しぶりに十和田道場に行ってみる。

blog141181.jpg
雪景色のO川。

blog141182.jpg
雪化粧のススキ

blog141183.jpg
11時に開始。

今日はフライを付けての練習です。
Hardy Wye12'6"に65Ftヘッドの#9ライン。
フライは25mmのウォディントンを付けてみた。
あれれ、思うように投げられないよ。
ヘッドの繋ぎ目を押さえて投げるのが精一杯。
フライが沈んでるのでスイープが上手くいかない。
アンディー・マレーのスタイルで投げてみたらこれがはまった。
竹竿は撓るので、スイープの軌道を大げさなくらい後方を上げると良いようだ。
1時間半程やってランチタイム。

blog141184.jpg
浅瀬には鮭のものと見られる卵が散乱してました。
新井田川では稚魚放流を昨日開始したと新聞に載っていたが、自然界ではもう少し後なのかな?

blog141185.jpg
昼飯を終えてからは、六戸道場へ移動。
今度はCNDエキスパートスペイ15ft#9/10/11にDT#9/10/11ライン。
フライは35mmのハイブリッドチューブを付けてみた。
あかん、全くターンしない。
リーダーとして6号×4号×3号を4.5mにしていた。
3号を切ってみたら少しはマシになったが、25mのリフトが精一杯。
これじゃ実戦にならんじゃないの。

車に戻り1-3/4incアルミチューブにチェンジ。
こちらはリフトが楽だ。
しかし27mがいいところ。
ガイドがすぐに凍るのでシュート無しで繰りかえし打ち返す練習だが、実釣レンジは30mがいいところだろうか?
この場所は流れが静かだけど水面直下をフライが泳いでいるようで、ハイウォーターじゃ使え無そう。
フルシンキングラインも使ってみようかと思っていたが、果たして扱いきれるのか心配が増えちまった。
やはりシューティングスペイが実釣向きなのかな~なんて考えてしまいます・・

ハイ~ミッドウォーターはオーバーヘッドのシューティングヘッドの方が飛距離が投げられるし、有利な気がしてきたぞ。さぁどうする?。

ハイウォーターの時期の大河川の釣りはおそらくやらないだろうから、今の所考えないことにしよう。

ローウォーターの釣りがメインになるだろうから、再び竹竿を振ることにした。
5号×4号×2号にダブルローウォーターフックのフライをセット。
ラインは午前中と同じマッハ65#9。
今度は70ftでのリフトでも問題なくキャストできる。
65ftのリフトならアンディースタイルのキャストが決まるが、それ以上になると腰の回転を使うスイープの方が上手くいく。
Wyeでは25m以内を釣る事にしようかな。これで良いのか、自分(笑

blog141188.jpg
4時までみっちりやりました。
うーん、どうやらスペイの実釣は考える事がいっぱいありそうだ。
実際に釣りに行かない事には始まらないか(笑

Comments(0) | Trackback(0) | Casting Practice

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/997-fdc916f5

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索