2013.7.7釣行2013-07-09(Tue)

雨で気になる渓流が3箇所ばかりある。
何処にしようか悩んでみたが、早起きすれば3箇所全部回れるかも。
気合を入れてモーニング狙いで出発。

5時に入渓。
ちょっと遅かったかな。
フライは#12グレークイルを4Xリーダーにセット。
目星を付けていたプールへの1投目。
出た!乗らず・・
ポイントを上流に移し2投目。
出た。乗った!ジャンプ一発外れた・・
結構いいサイズ。

プールの上の緩い流れに狙いを変える。
いいサイズが浮かぶが水面まで出ないで戻った。
フライを#16ブラウンセッジに変えた。

blog13771.jpg
1投でHit!
強烈なダッシュで開けた瀬を走り回り、ロッドを右に左に追従させるので精一杯。
下流のプールに下られたので自分も下流へと着いて行く。
魚はとってもパワフルで弱る気配が無い。
時間を掛けすぎてばらしてはいけないので、多少強引に寄せてみても、ネット手前で急転換し、再び流れに突っ込んでいく。
ドキドキもののファイトの末、やっと取り込んだのは幅広の砲弾ヤマメ29cm!

blog13772.jpg

blog13773.jpg
角度が変わるとオレンジ色に彩られたパーマークが浮かぶ。

blog13774.jpg
ストマックはマダラカゲロウのニンフが沢山入ってる。

餌の豊富さからだろう、この川のポテンシャルの高さを感じた。
開けた本流なので日が差し込むまでが勝負だろう。
浅い瀬はパスしプール狙いで急ぐ。

対岸のテトラ沿いが怪しい。
#12グレークイルを頭に入れて流し込むと大きい魚が追ったが、フライに追いつく前にドラッグが掛かってしまった。

その後数投してみたが現れない。
一旦場を休ませるため上流のポイントを攻めるが反応無し。
先程のポイントへ戻り、#12スペントバジャーに変えた。
対岸のテトラ際をナチュラルに流し、下のプールに流れ込む速い流れの肩に差し掛かったとき魚影が翻った。
まばたき1回分合わせを遅らせ、祈りながら軽く竿を立てた。
岩陰で見えないが結構な重さを感じるのでフッキングは成功したようだ。
激流の中を下られたため、竿を高く上げて自分も岩を乗り越えながら下流へ向かう。
流れが速く、取り込みに良い場所が見当たらない。
岩陰のちょっとした弛みに誘導しようにも、パワフルに抵抗する。
なんとか弛みに入ったところでネットイン。

blog13776.jpg
やっとネットに収まったのは31.5cmの岩魚。
4Xリーダーじゃなかったらぶっち切られていただろう。
そんな時は40アップに下られたと言う事になるんだろうな(笑

blog13777.jpg
今年の岩魚はスペントバジャーがお気に入りらしい。


7時になったので日差しが川に照り始めた。
この川を後にし、次なる気になる川へ移動。
そちらの川は笹濁り。
この川は笹濁りだと先ず釣れない珍しい川。
気になるポイントを100mほどやってみたものの、釣れる気がしないため更に移動。

次の川は濁りはないが水位はちょっと高めでドライの釣りにはぎりぎりか。
まぁなんとかなるだろう。
こんな時は10番のドライフライが最高。
リーダーは3Xと4Xどちらにするか悩んだ末、今日は4Xにした。

しばらくは反応が無く、やっと出ても流れが早くてフライに追いつく前にフライが流れきってしまう。
また、フライに反応しても突いて帰るヤツが2匹。
フライを小さくしてみても同じ反応なので、ドライよりもウエットに向いている状況なのだろう。
でもドライで釣り上がる。

blog13779.jpg
対岸の岸壁に出来た渕の巻き返しで、やっと初物Hit。
26cm。

一安心して、再び遡行開始。
長いプールに出た。
下流から開きを流してから、対岸に渡り、プールを偵察するが、魚影は見当たらない。
慎重に流れの頭からダウンで流し込んでみたが反応が無い。
連続する渕になっており、その場所から上の渕へプレゼンテーションすると、1投目に大きな魚影がフライを追った。
フライは流芯に乗っているのでなんとか追いついて欲しい。
魚はフライをくわえた。
一呼吸置いてから下流側に竿をスライドさせてあわせるとフッキング成功。
その後は上流に突っ走るも流れが速いため勢いが無く、すぐに止まったのだが、今度は下流の渕に下られた。
自分も流れに立ち込んで応戦するが、流れ込みが掛け下がりになっており、下流に下るヤマメを止めるのが精一杯。
止まったヤマメは対岸の巻き返しに突っ込んでいく
対岸にあった細い枝にリーダーが擦れピンチ。
4Xリーダーはなんとか持ちこたえてくれ、更にヤマメを流れに引っ張り出すことが出来た。
下流に下りたがるのを無理やり引きずり上げ、流れに停めてネットイン。

blog137710.jpg
堂々の32cm!
blog137711.jpg

blog137713.jpg

blog137714.jpg
今年初の尺ヤマメと対面できたので気分は最高。

その後釣り上がると擂り鉢状のプールに出た。
下流から慎重に流芯を狙うが反応無し。
渕の流れ込みに回り込み、洗濯機のような渦を巻いている巻き返しにプレゼンテーション。
フライが流れ込みの流芯に徐々に近づいて行くのをのんびりと眺めていたら、突然水中から魚影がフライに飛び掛った。

大きな渦の中で大な魚が針を外そうともんどりうっている。
流れ込みの一枚岩の上に立って応戦するしかなく、取り込みを何処でするか考えながら魚をいなす。
自分が下流に下るのもありかと思ったが、移動している間に魚に主導権を握られ流れに入られたら万事休すだろう。
渦の中で取り込む事に決めた。
魚は流芯に入るでもなく、巻き返しの上流に頭を向けてくれるので案外と寄せるのは苦労しないが、いざネットインしようと思うと、重量のある抵抗をみせて再び離れてしまう。
2度ほどネットインを失敗し冷や汗ものだったが、3度目にはネットイン成功!

blog137715.jpg
よっしゃー、35cm!

blog137716.jpg

blog137717.jpg

blog137718.jpg

blog137719.jpg
増水しているため写真を撮るのに都合良い場所が無く、なんとか見つけたのは分流。
河原の石にコンデジを乗せ、一人記念撮影。

blog137720.jpg
ジャシッド#10

blog137721.jpg

もう充分です。
最高の気分で潔く4時に納竿しました。

今日は四度もドキドキ出来た凄い一日。
4Xを使用していたとはいえロッドが悪ければ、ばらしたり、糸切れも充分有り得る状況でした。
本日の仕様タックルはHardy Perfection9'00"とGENIUS HandsomeBoy7'2"#4、どちらの竿も優秀だからこその結果でしょうね。

本流も小渓流、どちらもドライフライフィッシングは楽しいですね。

Comments(4) | Trackback(0) | 2013Fishing

Comment

Re: タイトルなし

dunkeld06さん、ほんと先日はラッキーな一日でしたよ^^

フライはいつもどおりでマンネリなんですが、気に入ったフライで釣れると嬉しさも倍増ですね!

2013-07-11 17:45 | URL | スナフキン [ 編集]

なんだかすごいことになってますね。(笑)

尺上ヤマメはかっこいいですね!!
そして魚の口元にかかっているフライもグットですね。

2013-07-10 09:34 | URL | dunkeld06 [ 編集]

Re: タイトルなし

くどうさん、どーも~^^
ゴメンなさい、実はまだ次があるの。
明日のお楽しみという事で。

2013-07-09 23:40 | URL | スナフキン [ 編集]

ええぇぇぇぇ!!

なんということでしょう

すみませんでした!

もう許してくださいm(__)m

2013-07-09 23:22 | URL | 青森のくどう [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/947-c2c985c2

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索