2013.5.3タイイング2013-05-04(Sat)

フランク・ソーヤーオリジナルのフェザントテールニンフはモータに使っている赤いコパーワイヤーを使っていたようだ。
ちょうど壊れたビデオデッキとCDラジカセがあったので、ばらしてモーターを取り出してみた。

blog13531.jpg
ビデオデッキには2個、CDラジカセには3個のモーターが入っていた。

モーターをばらしたのは小学校以来。
赤黒いワイヤーを想像していたが、鮮やかな赤で驚いた。
写真では普通のゴールドっぽい色に見えるが、実際は違う。
どうやら表面をコーティングしているようだ。
しかも、1個は緑色のワイヤー。

ソーヤーの本によると、髪の毛よりも少し太いワイヤーという事でしたが、思った以上に太い。
しかも今まで自分が使っていたワイヤーよりも太い。
でも使える程度の太さなので、ソーヤーのオリジナルもこの太さだったのかもしれない。

以前ばらしたドイツ製の髭剃りに使われていたモーターのワイヤーも同じ色だったが、もっと太くて、フェザントテールニンフには使えない太さでがっかりした。

blog13532.jpg
マスタッドの#14に巻いた。

blog13533.jpg
フェザントテールニンフを3本と#14のイエローサリーを2本。

blog13534.jpg
以前巻いた普通のカパーワイヤーと並べてみると、かなり印象が違う。

魚への効果は違うのだろうか?
大差無いように思うが、よりオリジナルに近いということで、自己満足してます。

Comments(4) | Trackback(0) | Fly Tying

Comment

Re: タイトルなし

麦わらさん、実はうちにソーヤーのお孫さんが巻いたフライがありまして、じっくりと見比べて見ました。

モーターに使っているのと同じ色と太さのワイヤーでグレーグースは巻かれてあります。

フェザントテールは色がかなり濃い為判りません。

キラーバグは未処理のコパーワイヤーですが、結構太いです。

ボウタイバザーは金色のワイヤーですが、これは僕が今使っているのと同じくらいの太さですね。
髪の毛より少し太いくらいです。



2013-05-05 00:00 | URL | スナフキン [ 編集]

オリジナルのソーヤーニンフはスレッドを使わず、すべて銅線で巻き止めるので、それなりに太いものだと思います。
なのでモーターの銅線で正解だと思います。
(ソーヤーは電話機の銅線を使ったとか・・・)

自分の場合は、「身近にあるもので代用できる場合はそれを使う」というショップ泣かせの「なんちゃってフライマン」なので・・・
(ダムでは「ダイソーフライマン」という噂も・・・)

今ではスタンダードになったフライでも、「別のマテリアルで巻いたら、こんなんできちゃった!?」っていうの、結構あると思います。

2013-05-04 23:39 | URL | 麦わら [ 編集]

Re: タイトルなし

麦わらさん、どーも。

同軸ケーブルや電気コードの銅線は確かに細いですよね。

僕が普段フェザントテールニンフに使っているのはそれ位の太さだと思います。

これは秋葉原の電気屋さんで入手したものです。
かなり格安ですね。

でもケーブルから入手すればエコですね。
今度はそれにも挑戦してみます。

2013-05-04 20:45 | URL | スナフキン [ 編集]

自分は同軸ケーブルをバラしたものや、古い電気コードの切れ端をバラしたものを使っています。

たぶんモーターの銅線より細いと思います。

同軸ケーブルはかなり細いので、ウェイトとしての役割は期待できませんが、「微かに光るリビング材」として渓流用のニンフによく使っています。

2013-05-04 20:21 | URL | 麦わら [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/931-a7db1d21

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索