リールの巻き手はどっち?2013-02-11(Mon)

blog1321.jpg

フライリールを巻く手は僕の場合自分なりに理由があって、ケースバイケースで使い分けている。

自分の場合は、渓流は左巻きが基本。穏やかな渓流は右巻き。
シューティングヘッドを使うリールは右巻き。

blog132111.jpg

シューティングヘッドを使う場合はダウンクロスの釣りになり、一つのランを釣り終えるまでキャスティングレンジはそれほど変化するものではありません。
ラインをリールに巻き取るのは魚がヒットして取り込む時と、移動のために出ているラインを全て回収する時くらいのものです。
僕の場合長いラインを素早くリールに巻くのには、右手のほうがスムーズに出来る。

また、本流域の大物とのやり取りではファイトを続けると取り込みを終えた頃には腕が痺れてくる時もある。
そうそういつもある事ではないが、右腕が疲れてしまうとその後のキャスティングに支障がでるような気もするのでできれば避けたい。
となればファイトは左手、リーリングは右手という事になろう。


一方、渓流の場合はアップストリームにキャストする場合がほとんどです。プレゼンテーション後はフライラインを速やかに手繰る必要が出てくる。
しかもキャスティングレンジが頻繁に変化する為、ラインの長さ調整も常に必要になってくるのが渓流の釣り。

渓流は流れが速く、浮いているフライラインはあっという間に弛んで下ってきます。
のんびり構えていて自分の下流へ行ってしまったらさあ大変。下流の落ち込みにでも潜ってしまったら最悪です。
なのでラインを回収するのも迅速にやる必要があります。

フライラインを手繰る行為はラインストリッピングと呼ばれ、ロッドハンドの人差し指の腹とグリップのコルクの間にフライラインを挟んで滑らないようテンションを掛けながらロッドハンドとは別の手で手繰ります。

数メートルものラインを素早く回収する場合、30cm~40cmほどの輪を幾重も作りラインハンドに持ちます。
ゆるい流れでラインを回収するならば、ハンドツイストやパーミングも良い方法で、自分は良く使います。
小場所をテンポ良く釣り上がるにはハンドツイストはとても有効です。

余計に出てしまった必要の無いラインは手に持っているよりもリールに巻いておくほうがトラブル防止につながり、釣りに集中できます。
ポイントまでの距離分よりも長くラインを引き出して足元に垂らしているとろくな事はありません。

石や草に引っかかったり、フェルトの靴底でフライラインを鑢のような川石に擦りつける事になってしまいます。
最悪の場合、フライラインのコアが見えるほどの深い傷をつけることもあるし、汚れる原因にもなります。

ラインをリールに巻き込むには、ロッドハンドと違うほうの手でリールを巻けばロッドを持ち替えずに済みます。
持ち替えるという、このちょっとした動作が有るのと無いのとでは何かが違う。
自分はこのちょっとした動作がとても煩わしかったりするのだけど、慣れなのかもしれない。

blog1263y2.jpg

僕は長い間(といってもたかだか十数年くらいですが)渓流用のリールは全部左巻きでした。
左巻きに慣れているので不便は全く感じないし、変える必要も無かったんだけど、昨年秋にふとしたきっかけで右巻きリールも使うようにしてみた。
実は昨年から気になっていたことがあっての事だ。

近年はシングルハンドロッドの場合、国内国外ともに左巻きで使用されている方が多くなっているように思えるが、フライフィッシング発祥の地、英国では当時右巻きが主流だったのは何故か?
まぁどっちでもいいような事だが気になってしまい調べてみる事にした。

まずはyoutubeで英国の鱒釣り動画をあれこれと見ることから始めた。

英国の鱒釣りはチョークストリームと呼ばれる落差のない穏やかな水路のような流れでのフライフィッシングが主である。
ドライフライフィッシングはアップストリームキャスト以外許されないらしい。
フライラインは下流へと流されてくるため、これを左の掌に小さい輪を作りながら握りこむパーミングというやり方で回収していく。
魚の定位置を見つけてプレゼンテーションするため、流し終えるまでの距離はそれほど長いものではなさそうだ。
パーミングされるラインの量も2~3m程度なのだろうか。
魚がフッキングした後は、パーミングされたフライラインは鱒に引っ張られて徐々に送り出される。もちろんラインを引きずって行けるだけの力のある鱒だけなのだが。
ラインが掌から無くなってからリールファイトが始まる。

左手が自由になってからリールを巻くのなら、持ち替えずに済む左手でリールを巻けば良いのにと思うのだが、他に秘密があるに違いない。

何事もルールの有る英国の鱒釣りだから、もしかしたら「リールは利き手で巻くもの」という決まりごとが有るだけかもしれない。
しかし何か利点が無いものか少ない脳みそで考えた結果思いついたのはこういうことだった。

折り畳まれたラインを左掌に持ったままロッドを左手に持ち換える事が出来、しかもその状態のまま右手でリールを巻いてパーミングされたラインをリールに巻き込むことが出来るという事ではないか。
そうすれば足元に余分なフライラインを垂らさずに済む。

さっそく試してみたところ、思ったとおりであった。
それが正解かどうかは判らないけれど、使える技術ではある。
止水の釣りや流れの穏やかな川の釣りにはピッタリだし、慣れてくれば渓流でも使えるのではなかろうか。

しかし時として渓流魚は、上流から方向転換し瞬時に下流へ下ってくるヤツもいて、そんな時には大急ぎでラインを手繰らなければならない。
こんな時にはパーミングよりもラインハンドで手繰るのに限る。
何事も臨機応変に対処しないとね。

blog121134.jpg

最近読んだ「川からの手紙」で田渕さんはリールファイトの重要性を仰っていた。
魚に対する礼儀とフライフィッシングの正しい愉しみ方が、リール一つとってみてもあるのですね。
僕が知らないだけで、他にもフライフィッシングならではの愉しみ方ってものがあるような気がしてならない。
気着かずして過ごしても不自由はしないだろうし、誰に迷惑を掛ける訳でもない。
でも折角の愉しみを知らずに通り過ぎるのは勿体無いことではないだろうか。
まぁこんな事が楽しいと思う僕は変人なのだろう。
それでもまた新たな愉しみを見つけてみたいものだ。

Comments(4) | Trackback(0) | Fishing

Comment

Re: タイトルなし

青森のくどうさん、どもー。

フライ巻き巻きしてないのでリール巻き巻きの話題でした。

くどうさんは右巻派ですもんね。
僕は両党使いになりましたが、フライのほうだけです(w

> 今度リトリーブの仕方教えてください

自己流ですがそれで良いでしょうか。
くどうさんギター弾けるから超早いリトリーブできそうですね。

2013-02-13 20:06 | URL | スナフキン [ 編集]

私はずっと右です~

理由は、左では巻けない。

ただそれだけ(笑)

同じことを続けているとそれなりに工夫しちゃっていますね(^o^)/

今度リトリーブの仕方教えてください

2013-02-13 10:10 | URL | 青森のくどう [ 編集]

Re: タイトルなし

麦わらさん、どーも。

OFFシーズンになると変な事ばっかり考えたくなるんです(笑

そんな事が考えてる暇があったらフライの一本でも巻いてればいいのにという声が何処からか聞こえてきそうな気が・・・。

2013-02-12 21:49 | URL | スナフキン [ 編集]

 私の場合、そんなに深く考えたことはありませんが、リールファイトするような魚を相手にする場合にはラインを素早く手繰ったり、リールを巻いたりする必要があります。
 なので、ラインハンド側にハンドルの出っ張りがあると絡んだりして邪魔するおそれがあるため右巻きにしています。

 渓流では左巻きですが、リールファイトをしない場合はどっちでもいいような気がします。

 

2013-02-12 21:29 | URL | 麦わら [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/912-b7b5f63d

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索