youtube徘徊20132013-01-06(Sun)

※追記:Hans Gebetsroitherの読み方は「ハンス・ゲベーツロイター」と読むのが正しいようですので訂正させて頂きます。平成26年3月30日※

寒い正月なので引きこもってます(w

今朝は欧州のフィッシングをyoutubeで徘徊してました。

FR誌の島崎氏のHS/HL特集で、ハンス・ゲーベッツロイターのキャスティングに興味を持ったのです。

ドッペルツークって何?、腕を楕円に回すキャスティングってどんな?、クリケットバットを振るような腕の動かしかたって?
想像できるけど見ることができれば確実です。

ハンス・ゲーベッツロイターといったらオーストリアです。

オーストリアの釣り人はハンスのスタイルを継承しているであろうと思い、以前からオーストリアの動画を見てました。
それらしいオーストリアのキャスティングスタイルを発見したのですが、その後探せなくなってました。
それが今日やっと発見できました。

ハンスもそうだったらしいですがインデックスフィンガーグリップです。竿は倒して振っています。興味ない人は見なくて結構ですよ(w

オーストリアのキャスター

続きはこちら

ドッペルツークの解説です

ドッペルツークって訳すと「倍列車」。なんのこっちゃ?
やってる事はホールです。ってことはラインを更に加速させるための行為を指すのでしょうかね。

さらに探すとスイスのキャスターさんに巡り会いました。

こちらの方もインデックスフィンガーグリップです。
ドッペルツークも解説されてます。
ベルジャンキャストもやってます。
ハンスのキャスティングはおそらくこちらのほうがより近いと思われます。

ハンス流のダウンクロスのプレゼンテーションはこちらに一瞬ですがそれらしいのが出てきます。
手前側のラインから着水させるハイカーストのプレゼンテーションとはこれのことでしょう。

ハンスのキャスティングに興味があるかたは、他の動画も見られることをお勧めいたします。

シャルル・リッツのHS/HLにはハンス・ゲーベッツロイターの影響が強いということですので、気になる方にはとても興味深いと思います。
僕にとってはお宝発見でした!


Comments(10) | Trackback(0) | Casting

Comment

Re: Gebetsroither

budsek様、はじめまして。

Hans Gebetsroitherの読み方についてお知らせいただきまして感謝いたします。

早速訂正させて頂きます。

また、ドッペルツーク含め、キャスティングについてもご教示いただき助かります。

今後とも宜しくお願いいたします。

> 失礼致します。誰が始めたのか、Hans Gebetsroitherがゲーベッツロイターと表示されているのにショックを受けネットを検索して貴ブログに行き着きました。
> Gebetsroitherの正確な発音は「ゲベーツロイター」。ドイツ語のGebet「ゲベート:祈り」と関係する名字です。
> ドイツ語を知っている人なら直にわかる間違い、かつ、毛針釣りの有名人の名前が日本で間違った表記で広まるのは非常に残念です。
> 一方、Doppelzugは単なるダブルホールです。
> Doppel: ダブル、Zugは動詞ziehenの名詞形で、ziehenは引っ張るという意味です。Doppelzugの意味が分からないのでそのまま表記したのか、はたまた、意地悪でそう表記したのか分かりません。
> 私は島崎氏の記事を読んでいないので分かりませんが、クリケットの動きというのは、オーストリア流カースティングの腕の振り方が、脇を開け、上腕と下腕を90度位に開き、肘は殆ど動かさずに肩を動かして竿を前後に振る、事を言っているのではと想像します。この動きをする場合、サムオングリップでは竿の固定が難しいのでインデックスグリップにするのが合理的になります。
> 何かのご参考になれば幸甚です。

2014-03-30 12:04 | URL | スナフキン [ 編集]

Gebetsroither

失礼致します。誰が始めたのか、Hans Gebetsroitherがゲーベッツロイターと表示されているのにショックを受けネットを検索して貴ブログに行き着きました。
Gebetsroitherの正確な発音は「ゲベーツロイター」。ドイツ語のGebet「ゲベート:祈り」と関係する名字です。
ドイツ語を知っている人なら直にわかる間違い、かつ、毛針釣りの有名人の名前が日本で間違った表記で広まるのは非常に残念です。
一方、Doppelzugは単なるダブルホールです。
Doppel: ダブル、Zugは動詞ziehenの名詞形で、ziehenは引っ張るという意味です。Doppelzugの意味が分からないのでそのまま表記したのか、はたまた、意地悪でそう表記したのか分かりません。
私は島崎氏の記事を読んでいないので分かりませんが、クリケットの動きというのは、オーストリア流カースティングの腕の振り方が、脇を開け、上腕と下腕を90度位に開き、肘は殆ど動かさずに肩を動かして竿を前後に振る、事を言っているのではと想像します。この動きをする場合、サムオングリップでは竿の固定が難しいのでインデックスグリップにするのが合理的になります。
何かのご参考になれば幸甚です。

2014-03-30 09:42 | URL | budsek [ 編集]

Re: タイトルなし

> わかりやすい説明ありがとうございます。
       ↑
前のコメント間違って消しちゃいました・・・

2013-01-10 19:03 | URL | スナフキン [ 編集]

Re: タイトルなし

Mさん毎度です。

重いフライをキャストするにはスペイキャストが安全でしょうね。
シューティングヘッドでカッパーチューブ投げると恐怖です。

ドライフライの釣りでスペイキャストっぽいのは稀に使うことはあります。
手返しがいいので、バックスペースの有る無しに関係なく、一投目で出なかったポイントにすかさず打ち返す時など重宝してます。

2013-01-10 00:17 | URL | スナフキン [ 編集]

わかりやすい説明ありがとうございます。
重いフライを飛ばすには、今現在スペイキャストに勝る方法はないでしょう。
自分にフライが向かってこない来ないキャスティング方法では一番の方法だと思います。

難点はやはりフライがかわかない点にあると思います。

自分的には開けたとこではオーバーヘッド、バックのない
ポイントで使えるスカンジラインで5番のシューティングシステムががいいかなぁ~とおもっています。

2013-01-09 23:44 | URL | kohizuka [ 編集]

Re: Re: タイトルなし

電話屋さんあけましておめでとうございます。
今年もよろしく!

お宝映像見つましたか!
さすがキャスおた(w
しかも良い所見てますね!

電話屋さんの仰るように、フォワードのスタート前に腕を上方にリフトしロッドに負荷を掛ける動作は英国スタイルでも同じく行われています。
しかしその後の動作が英国スタイルと違い、ハンスの場合は肘を平行移動させ、かぶせて行くように見えます。

実は今日、ドッベルツークの部分が気になって、FR誌の島崎氏の解説を読み返してみました。
島崎氏のドッペルツークでは「クリケットバットを振るような動かし方」と書いてあります。
これだとホールにはならないですね。

ダブルハンドを振るような右手と左手の使い方は独特です。
リッツも同じ腕使いだったらしいですが、ハンスの映像ではぱっと見にはホールされていないように見受けられました。
しかしよくよく観察してみると、左手で短く引く「プル」はされておりました。
その後に左手が右手よりも少しだけ早めに戻るので、ホールで引かれたラインを戻しているのが分かります。

キャスおたには充分楽しめるネタですわ(w

2013-01-09 23:10 | URL | スナフキン [ 編集]

明けましておめでとうございます。

どうも同じようなところを徘徊してるようです(笑)。
自分にはHans Gebetsroitherのキャストはフォワードに入るところでロッドに負荷を掛けつつスタート位置を高いところに持ってきてる様に感じます。
まあ、そう感じるだけですけど。

今年もよろしくお願いしますね!
ヽ( ´∀`)ノ

2013-01-09 21:34 | URL | 電話屋 [ 編集]

FF誌を読んでいないのでベルジャンキャストがどれのことかわからないのですが、オーストリアのキャスターの画像は
シングルハンドスペイキャストの腕の振り方にそっくりのように思ったんですよぉ~あの振り方よりアンカーを入れてしまって、シングルハンドスペイにした方が楽そうと思いました。

2013-01-08 22:52 | URL | kohizuka [ 編集]

Re: タイトルなし

Mさん、今年もよろしく!

どの画像に対してのコメントでしょうか?
ベルジャンキャストのことかな?
残念ながら私、スペイキャストは詳しくないので判りませぬ(汗

2013-01-06 23:08 | URL | スナフキン [ 編集]

こんばんわ、Mです。
画像を見るとスペイキャストの延長線上にあるオーバーヘットのように見えるんですが違うんですか?
バックキャストにはいるときにロッドを下側に倒すのでティップの軌道は楕円を描きますが、後ろにDループができながら
アンカーが入らず、オーバーヘットになっているように見えましたが・・・?

2013-01-06 22:43 | URL | kohizuka [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/904-17cadb59

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索