月刊誌1月号2012-11-24(Sat)

本日FF誌、FR誌2冊購入しました。

blog121124.jpg

興味ある記事だけ一気に拾い読みしました。

FF誌はサイトフィッシングの記事が楽しめました。
僕もサイトフィッシングの楽しさが病みつきになってます。
魚を見つけた時の嬉しさと緊張感はたまりませんね。

FR誌は島崎鱒二氏のHS/HL連載記事がとうとう最終回を迎えました。
毎回何が飛び出すかワクワクしながら出版を楽しみにしてましたが、もう終わってしまうと思うと寂しいです。

僕個人的にはとても参考になり、興味深く読ませていただきました。

島崎氏の解説してきた「ハイスピード・ハイライン術」はリッツと交流のあった生き証人や、豊富な資料に基づいて語られたものなので異論反論など言える立場ではありません。

自分も誤解していた部分があったようで、このBLOGでも「HS/HLはショートストロークが基本です」と書いたのは間違いだったようです。皆様に誤らなければなりませんね。
自分が思ってきたHS/HLとは違うものだという事は認めざるを得ないでしょう。
だからといって今までのキャスティング方法が間違いだったかというとそうは思いません。

実は島崎氏の「英国の鱒釣り」を読んで以来、英国スタイルのキャスティングもいろいろと試行錯誤していました。
ハーディー流キャスティングはエレガントという事ですが、どういったものか見てみたいと思い、Youtubeでヨーロッパの釣り動画をいろいろ見ました。
ロッドを振っている多くの英国人の竿は体の横で斜めに振られ、キャスティングサイクルもゆったりとしたものではありません。
エレガントに見えるキャスティングとはどのようなものなのでしょう?
そこまで完成されたキャスターはいったいどれくらい居るのでしょう?

Hardyの動画で一つだけ「これか!」と思わせる動画を見つけました。
しかも体の正面で振っているシーンもその方のものだけでした。
そのキャストを見て気が着いた事は、自分が目指しているキャスティングに近いライン軌道だということです。
バックキャストで伸びていくラインはロッドティップの上を斜め上空に適度な幅のループで飛び、フォワードキャストでもロッドティップの上を通ってベリーの張ったラインが水面上に伸びていきます。
ラインの軌道は水平より下がらず、ロッドティップの上を通ります。
自分がやってきたキャスティング理論があれば出来る事です。

今まで自分がやってきたキャスティングは、島崎氏の言うHS/HLよりもHardy流のキャスティングに近いような気さえします。

沢田さんのキャスティングも、ロッドは縦にまっすぐ振っています。
ロッドは顔の真正面ではありませんが、30ft程であれば顔に近い場所で振られています。
ラインはロッドティップの上を前後とも通過していきます。

さあ面白いですね。
沢田さんはハーディーでもキャスティングを習い、その後リッツの元へ行きました。
沢田さんは「フライマンの世界」でしかハイスピードハイラインという言葉を使っておりませんでした。

僕は島崎氏の解説されたようなHS/HLを目指すことは無いでしょう。
何故なら僕が求めてきたものと異なる部分が多いためです。
しかし部分的に共感できたり、理解できた事もたくさんありました。
これらを糧に、自分のキャスティングを少しでも昇華していければと思う次第です。

ベールに包まれたHS/HLについて貴重な資料なども隠さず披露して頂いた上で解説して頂いた島崎鱒二氏にはここでお礼を述べさせて頂きたいと思います。
欲を言えば動くリッツが見てみたいですね。

島崎鱒二氏には今後、Hardy流のキャスティングを連載して頂きたいと願います。
できればキャスティングDVDを出して頂ければありがたいです。
地球丸さんやってくれませんかね!

Comments(14) | Trackback(1) | Book

Comment

Re: タイトルなし

ikirさん、大きなヤマメなら載せます(w

2012-12-03 23:05 | URL | スナフキン [ 編集]

こんばんわ、スナフキンさんのことだから大きな山女でもUPしてるのかなと思ってしまいました。

2012-12-03 22:04 | URL | ikir [ 編集]

Re: 画像の件

ikirさん、早速どーもです!

ブロとも申請の件ですが誰にも公開設定してないんです。スミマセンです。
個人的な日記なんでマル秘にしてました。

2012-12-02 23:59 | URL | スナフキン [ 編集]

画像の件

スナフキンさん、あんなピンボケでよかったらどうぞどうぞ。忘年会楽しみですね。さっそくブロとも申請したんですが、申請できない orz

2012-12-02 23:53 | URL | ikir [ 編集]

Re: タイトルなし

佐々木さん、またいろいろとお話しましょうね。

忘年会楽しみです。

2012-12-02 23:34 | URL | スナフキン [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-12-02 23:16 | | [ 編集]

電話屋さん、どーも。

釣りの世界は特に、自分の主張のみが正しく、他は認めないという否定的な考え方をする方が特に多いように思います。

自分も以前はそうでしたが、今は広く見る事ができるようになりました。
丸くなったのかな(w

2012-11-26 21:21 | URL | スナフキン [ 編集]

どもーです。
青森のくどうさんのコメントにもありますが、すべてのキャスティングは正しい、いいですね。
最近キャスティングは理論ではなくて、方法論じゃないかって思うんですよ。
「こうじゃなきゃいけない」、ではなく「こういうやり方もある」って感じ。
ヽ( ´∀`)ノ

2012-11-26 20:56 | URL | 電話屋 [ 編集]

Re: タイトルなし

この年で夢中になれるって恥ずかしい~(w
もうおっさんですがいつまでもたっても子供です(w
これが若さの秘訣かな(w

2012-11-25 21:51 | URL | スナフキン [ 編集]

まあ、そうなんですですけど それでも、川に立つと、鼻の穴おっぴろげてはしゃいじゃうんです。

なんか、いつまでも楽しいすね。うまく出来ないから楽しみが先にあるっていうことなのかな( ´∀`)

2012-11-25 21:10 | URL | 青森のくどう [ 編集]

Re: タイトルなし

青森の工藤さん、自己嫌悪は考えすぎー(w

同じに出来なくても良いじゃないですか。
真似が出来るだけで楽しいです。
なかなか思うように出来ないところがまた楽しい。

2012-11-25 20:51 | URL | スナフキン [ 編集]

終わりがないっていうか、達人たちを見るたびに自己嫌悪になってしまいます
(´Д`)

こんなん、で、出来るかあっ!

でも、頑張っちゃう

2012-11-25 20:35 | URL | 青森のくどう [ 編集]

Re: タイトルなし

青森のくどうさんどーもー!

キャスティングは面白いですね~。
いつまでたっても終わりが無いのかも。
釣りも一緒ですね。

極めたと思ってる人は半分しか楽しめていないのではないかな?

極めちゃったらつまんないだろうね。
そういう人がやめてちゃうんだろうな。
僕はバカなんで何回やっても納得できましぇん(w

2012-11-25 20:24 | URL | スナフキン [ 編集]

私は鳴海さんと練習をしたり、様々な理論や方法論を伺うたびに、新たな発見や頭のなかのパズルが整理されたりと、とても楽しいです。

レイジェフが全てのキャスティングは正しいのです!!と言ってましたが、様々な意味合いで、そのとおりだとも思います。

私のキャスティングはへっぽこですが、自分がこう投げたい、と思うラインを自在に投げれたら、もっと楽しいだろうな、なんて日々考えてます。

2012-11-25 08:47 | URL | 青森のくどう [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/895-37895e61

まとめ【月刊誌1月号】

本日FF誌、FR誌2冊購入しました。興味ある記事だけ一気に拾い読みしました。FF誌はサイトフィッシングの .....

2012.11.28 | まっとめBLOG速報

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索