2012.9.15~9.172012-09-18(Tue)

今回は3連休で釣りが出来る超貴重な日です。
初日は大師匠と今季初の二人釣行です。一年ぶりです。
朝6時半に待ち合わせ。

blog129151.jpg
渋い中やっと良いサイズの綺麗なヤマメが釣れました。
秋色がとても美しいです。

blog129152.jpg

あまりに反応が渋いので、予定のコースは昼前に終了。
場所換えします。

blog129153.jpg
林道を歩いていると巨大芋虫発見。10cm程の大きさで、そいつが速いスピードで前進してます。
真っ赤でグロテスク。柳虫を彷彿とさせます。
正体は不明。いったい成虫はどんなでしょう。←調べてみたらボクトウガの幼虫でした。釣り餌の柳虫もこれでした。クヌギなどに穴を開けて樹液を出すのはこいつだそうです。

blog129154.jpg
お次の川も超シブです。
なんとか9寸岩魚。

blog129155.jpg

blog129156.jpg
大師匠は31cm。流石ですわ。

こちらも予定以上に釣りあがりましたが、反応が悪いため4時過ぎに退渓しました。

大師匠とは別れ、今夜は一人道の駅で車中泊。

blog129157.jpg
晩飯は沢で採ったウスヒラタケ入りラーメン。

久しぶりの山岳渓流を一杯歩いたので、夜は7時にバタンキュー。

blog129161.jpg
朝は6時に目覚めました。
靄がかかっていて、のんびりと食後のコーヒー。

散歩中のお婆さんや、単身で山形から来たツーリングライダーと話をしたりして、旅の雰囲気を味わったりしました。

7時頃出発し、一人阿仁へ向かいます。

blog129162.jpg
阿仁の縦貫鉄道列車と遭遇。
黄色の車体が黄金色に染まった田んぼとマッチしますね。
車を止めてカメラを出し、ぎりぎり間に合った奇跡の一枚(w

blog129163.jpg
ちょうど渓に朝日が差し始め、御来光と出会いました。
ラッキーなのでここで尺が出るかと思いきや、何にもなし。残念(w

blog129164.jpg
今日はサワダロッドACエフェメラです。
フライはアプリコットスピナーでスタートしました。
ところがここの沢も激シブです。

blog129165.jpg
今日の一匹目がやっと釣れた。27cmのメスヤマメ。
ビッグフライが会わないのかと不安になりながらも、大物狙いで#10ジャシッドで通した甲斐がありました。
やる気がある魚と巡りあえば一発ですね。

blog129166.jpg
11時半ですが、ここで少し早い昼休み。
blog129167.jpg
午後の部も変わらず渋いですが、20yd投げて一発でフライを押さえ込んだのは尺と思った。
淵の中で岩盤側に突進する。ばらさないように慎重に寄せて取り込んだのは27.5cmのオスヤマメでした。

blog129168.jpg

blog129169.jpg

blog1291610.jpg
フライはがっぷり口の中。

blog1291611.jpg
ウスヒラタケ見つけたので、晩飯用に収穫。

あまりに釣れないので14時に退渓。
道路を歩いていると、釣り大会に行ったはずの大師匠と遭遇。
暑さと全く釣れない為に大会は昼に終了したらしい。
せっかくなので二人で釣りをする事になった。
僕は朝から2時までに2.5kmほど釣りあがったが、あまりの渋さに神経ぼろぼろ。
その後、大師匠に着いて歩くのもしんどいです。
やはり渋かったですが、大師匠はそれでも岩魚を何匹か引き出します。
期待に反して大物は出ずでした。

blog1291612.jpg
今日の晩飯はウスヒラタケとミズ入りラーメン。

久しぶりの阿仁で昔の元気がよみがえったのか、飲みも絶好調。
フライから遠ざかった旧友と久しぶりに電話で長話して楽しかった。
夜空は満天の星が輝いており、ほろ酔い上機嫌で星を眺めていたら、久しぶりに流れ星を見た。
明日は尺ヤマメ釣れるかな(w

blog129171.jpg
朝は5時前に目が覚めてしまった。
もう少し寝ていたかったが眠れそうに無いのでおきる事にした。
朝焼けが綺麗でした。

blog129172.jpg
朝だけの特別な景色発見。
玉の様に輝く朝露に濡れた稲を撮影。

撮影している間に、車中泊していた2台は釣りへ向かっていった様だ。
自分は朝飯の準備にお湯を沸かす。なんとのんびりな(w

blog129173.jpg
刻々と変わる朝の景色は、いろんな顔を覗かせる。
朝飯の準備どころではないぞ。
朝日を浴びた黄金の絨毯。
おびただしい数の朝露がきらきら光っていてとっても綺麗でした。
感動を写真に撮りきれないのが残念です。

blog129174.jpg
今日は午前中勝負の予定。
数年ぶりなのでどんな渓相だったか定かじゃない。
地図で目星を着けたが、適当に入渓することにした。

blog129175.jpg
久しぶりに降り立った渓は美しかった。
期待感が高まります。

blog129176.jpg

blog1291756.jpg
ここの川も反応が悪かったけど、運よく出てくれた岩魚。
あと一週間早ければ良かったかな。

blog129177.jpg
今日はARオリエンタルを使用。
久しぶりでしたがやはり最高のアクションで、僕の中ではベスト1です。
20yd位までならとても使い易くて、小渓流で使うなら迷わずこれでしょう。

予定のコースもそろそろ終了かと思う頃、両岸ともぱっと見には通せそうな淵だったのですが、手ごわかった。
左から巻こうと思ったらルートファインディングをミス。
降りるのも面倒だったし、時間も11時なので、このまま急斜面を直登し林道に出る事にした。
林道に出るとめちゃくちゃ暑い。
沢は涼しかったのに、別世界のよう。

帰路を目指し、途中の渓流に寄ることにした。
小陰のある沢筋を選んだ。
雨が降らず山はからっからで、山菜取りや魚釣りもそうそう訪れ無いであろう。
こんな人けの無い山だと熊さんも徘徊していそうな気がした。

渓流は水量が乏しかったが、今年最後の秋田ということで竿を振れるだけで良い。
川岸で仕掛け作りをしていると、藪の中からミシッと、大きな生き物が枯れ枝を踏みしめるような音がした。
少しおいてまた一度、ミシッと聞こえる。
熊?それともカモシカ?
いや、ここではカモシカと会ったことがない。熊には一度会った。
念のため熊鈴をチリリンと鳴らしてみた。
これで大丈夫だろうと安心したのだが、少ししたらまたあの音がミシッと、先ほどより自分に近い藪の中からした。
えっ?と思い、音のした川岸の脇にある大木のほうへ目を向けたとき、真っ黒い生き物が下を向いて木の脇に現れた。
熊!、と思い無意識に僕が取った行動は、立ち上がって熊を見ながら下流側へと瞬時に後ずさる事だった。
その音に熊も気づいた。熊が向かってくるか逃げるか見定めた。こっちに来るなよと祈るしかない。一瞬の出来事でどうしようかなんて考える余裕など全くなかった。
ところが熊も突然の事態に慌てふためいたようで、藪の中を一目散にどたっどたっと消えていった。
目の前7mほどの距離での遭遇だったので、向かって来られたら逃げても間に合わなかっただろう。
運が良かったのかな。
熊と遭遇したら普通の人なら帰るのでしょうが、自分は再び仕掛け作りを開始。
気が動転しているのが自分でもわかる。ティペットがうまく結べず難儀した。
集中して結んでいる間に熊の恐怖が薄らいだ。
良しと気合を入れなおし、遡行開始。
熊も驚いたからもうこの辺からは離れたであろう。でも仕返しに来たらヤダなとか、有りもしない事を考えてしまう。
尺ヤマメを見つけたが、フライを嫌われた。
夕方もう一度狙う事にして釣り上がる。

blog129178.jpg
淵の上流にある浅い瀬の中に足を入れる前に、魚を探してみるとペアリングしているヤマメと遭遇。
オスは9寸、雌は8寸くらい。
自分に気が着いているのかいないのか、目の前でうろうろしています。
オスはメスの後ろでやさしげにまとわり着いてモーションをかけているご様子。
それに反しメスはうっとおしいような素振り、いや、じらしていいるのかな?
ゆっくりと下流に下がってみたり、そうかと思うと上流へ向かってきたり。
なんだか人間の男女と同じなんだと思えてしまいました。
良い物を見せていただきました。
結局何も釣れず、尺ヤマメポイントへ戻ってリベンジも、一発で嫌われまして、ボーズで終了しました。

blog129179.jpg
トリカブトのシーズンですね。

大師匠池田さんと久しぶりに歩いてみたのですが、自分の下手さ加減が嫌になっちゃいました。
ここ3年ほど開けた渓流にばかり足を向けていて、難度の高い小渓流から足が遠のいておりました。
自分としては出来ると思っていた事が、全然出来なくなってました。
サイドやバックで狙ったところに入れられなくなってました。
10年前の自分に逆戻りしたような感じでショックです。
来年は心して、また秋田の渓流に勤しんで通おうかなと思ったりしています。
フライフィッシングは難しいな~。

Comments(8) | Trackback(0) | 2012Fishing

Comment

Re: タイトルなし

電話屋さん、どーも。

熊さんですが僕は阿呆なんで気にせず釣りします。
熊も無用な戦いはしたくないはずなので、攻撃しないと信じてます(w

良い釣り場に熊と幽霊の話は付き物です(w

今度その川に連れてって下さい(w

2012-09-21 23:34 | URL | スナフキン [ 編集]

ブログには上げてないんですけど、自分もデカイ山女魚見つけたら熊に会いました。それからその川には行ってません。
なかなかうまいこといってくれません。

2012-09-21 21:27 | URL | 電話屋 [ 編集]

Re: タイトルなし

イシシさんどーも。

西海岸方面は人だらけでしたか。
それだけ釣り人口が多いのかな?

そちら方面のほうが雨が降ったと思いますが、それでも渇水なんですね。

今年は30日が日曜日なので、今週と来週末に釣りが出来ますね。
こちらももちろん出動しますよ。
贅沢は言いません、楽しめれば良いです。

2012-09-20 12:06 | URL | スナフキン [ 編集]

こんにちわ

連休最終日1日だけ西海岸方面に出掛けてましたが、
人・人・人&渇水で激シブ。
おまけに管理人さん同様、異常な暑さにやられてやる気が失せてしまい、早めに帰宅しました。

あと2回は出掛けられそうですが、雨もなくキビシイかなぁ。

2012-09-20 11:51 | URL | イシシ [ 編集]

Re: タイトルなし

きょんさん、ご無沙汰です。

熱中症でも尺岩魚釣るんだからたいしたものですわ(w

あそこの川・堰堤?さぁて何処でしょうか?
たぶん行ってないと思いますよ。
それにしてもこっちはさっぱりでしたが、つ抜けするなんてうらやましい。

2012-09-19 21:45 | URL | スナフキン [ 編集]

Re: タイトルなし

たぐちさんこと「麦わら」さん、どーもお久しぶりでした。

明日で秋田県の渓流はラストですもんね。
雨も降ったみたいだし、良い思いが出来るよう祈っております。

ダムの大会は前代未聞の結果ですね(笑

2012-09-19 21:41 | URL | スナフキン [ 編集]

 お疲れ様です(^^ゞ
こちらに お越しでしたか(@@;
おいらも16日は 阿仁でしたよん^m^
体調不良で釣り大会は参加も出来ずでしたm(_ _)m
あそこの川・堰堤の 足跡はもしかして^m^;

2012-09-19 20:23 | URL | キョン(^^ゞ [ 編集]

 しばらく渓流を休んでいたので、今年は「プー先輩」とは出会ってません。

 明日休みがとれたので、駆け込みで行ってきます。

 雨が降ったので、ちょっと期待・・・

 お師匠さんからダム大会の結果がメールで来ました。
 わかさぎ2匹で「大物賞」と「優勝」のダブル受賞の人がうらやましいです!

2012-09-19 19:56 | URL | たぐち こと 「麦わら」 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/879-cb83dbcf

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索