2012.7.22釣行2012-07-23(Mon)

今日は夕方6時までに帰らなければならないため、朝3時に起床して出掛けた。
こんなに早く起きて渓流釣りに行くのは滅多にないこと。
目的の渓流には6時に着いた。
天気予報では晴れ予報だが、曇っていて肌寒いので長袖のシャツに着替えた。
先週末降った雨の影響が気になるところだ。
橋の上から流れを覗いてみると、以前来た時より川底が浅くなっていた。
水位は平水位だろう。
渡渉すると、増水により石が洗われたせいで、ラバーソールの食いつきがすこぶる良い。
先週の大雨による増水は相当だったようで、深かったプールはことごとく浅くなっていた。

おまけに、今朝一番で入渓したといえるほどはっきりとした足跡が二つ残されていた。
前日のものだとしても、影響はあるだろう。しかしサンデーアングラーには当然のこと。
人のやっていない場所を探せばあるのだろうが、最近は9ftの竿を縦に振れるような開けた渓流釣りがしたいので、愚痴は言っていられない。
いつもながら広い流れを、細かく刻みながら、岸際から小さなスポットまで、丹念にドライフライをプレゼンテーションしていく。

ところが、反応が無い。
ワイルドキャナリー#14で始めたがあまりにも悪いので、CDCテレストリアルに変えた。
変えたところで反応が良くなるわけではなかった。
瀬は石が転がって日が浅いので、落ち着いていない感じ。
当然魚も着いている感じは薄い。
プールに期待しても、ここぞという場所からも反応なし。
これは先行者の影響だろう。

blog127221.jpg
分流したポイントでやっと初物が釣れた。
初物が釣れたのは朝8時半。これならいつもどおり起きて来ても良かったかな(w

blog127222.jpg
流れ込みに跨った木の下にプレゼンテーションすると一発でした。
15yd程の距離のプレゼンテーションは投げても釣れても楽しいレンジです。

blog127229.jpg
これも分流です。この左岸のスラブにアルミスタークリーツ打ちアクアステルスはどうでしょうか?。
おそるおそる慎重に足を運びますが、しっかりと食いつきます。
ソール面よりもスタークリーツが出っ張っているので、密着感には欠けますがアルミの感触がソフトなので、安心感があります。
往復しましたが、帰りはひょいひょという感じで快適でした。
慣れると天下無敵かも。でも過信が一番危険です。

blog127223.jpg
このヤマメは瀬肩で食ってきて、広い流れを縦横無尽に走り回ってファイトした。
このサイズでも広い流れで釣れると、ドキドキファイトが堪能できる。

その後も反応が悪く、出たと思って合わせたらフックが折れた。
バーブレスの細軸だったが、今までは一度もそんなことはなく、45cmの岩魚も同じフックだったので安心していたので、ちょっとがっかり。
魚の反転と合わせのタイミングが一緒で、衝撃が強かったのだろう。

blog127224.jpg
振り返ると夏の渓流があった。
天気予報どおり、快晴になってきた。
半袖に着替えたかったが、戻るにも半端な距離。
もう少し釣り上がることにした。

プールではたまに反応しても、警戒したピシャという出方。くわえておらず、あきらかにドライフライを嫌っている。
ライズしている魚に対してもアップのプレゼンテーションにはまったく反応しないヤツも2匹居た。
1匹はダウンで流し込んだら一発で反応したが、フッキングせず。
今日も4Xティペットにしている。もっと細いものにすれば釣れるのかもしれないが、前回4Xで切られているので落とすつもりはない。

blog127226.jpg
開きの浅い場所から攻めるが反応がなく、対岸の枝の下に15m強のプレゼンテーションをすると一発で出た。

blog127225.jpg
うっすらとピンクが入った綺麗なヤマメが釣れた。

お昼を過ぎた頃に退渓した。
前回来た時に、竿をのしながら対岸に突っ走り、挙句の果てに4xティペットをアイのところからぶっちぎって行ったヤツとは出会えなかった。
前回よりも魚のやる気が薄いようで、ちょっと残念。

1.5kmを6時間掛けて釣りをした事になる。
魚を手にしたのはヤマメ2匹と岩魚2匹。
先行者の影響と、魚影の薄さを感じる。

午後の部は上流部へ行くことにした。
ところが先行者の車両があり、がっかり。
3時間あまりしか釣りする時間が残されておらず、今までやったことのない区間に入ることにした。
流れはイイ感じ。
入ってすぐのポイントは、対岸の護岸際がとっても怪しい。
対岸に渡り、護岸の上に立ってホリゾンタルキャストで岸際を丁寧に攻めていくが、反応が全く無い。
ふと気が着くと釣り人らしき車が対岸から見ていた。
結構人気のポイントなのだろう。
ここも先行者の足跡がはっきりと残されている。

いい流れが多く、その度に期待してプレゼンテーションするが、意に反して反応が無い。

blog127227.jpg
瀬肩で待ち構えるようにして食ってきた岩魚。

結局今日の釣果は5匹でした。
針折れ、取り込み中バラシ(コイツは9寸ヤマメだった。岸際の穏かなフラットに何気に置いたフライに飛びついた。フッキング後、自分に向かって突進し、岸際の石に回り込まれて外れてしまった)を入れてもツ抜けできず。

blog127228.jpg
開豁な渓は最高です。
沢山釣れなくても大物の期待感はあるし、なによりものびのびしたキャスティングが出来る。
釣り荒れしていても運が良ければ型は見られるしね。
でもたくさん釣りたい人にはこんな釣りは我慢できないだろうな~(w

車に戻ると、品川ナンバーが停まっておりました。
全国区の渓流はシビアですわ(w

Comments(6) | Trackback(0) | 2012Fishing

Comment

風来万吉さん、こんばんは。
毎週釣りに行けるのは幸せな事です(w

そちらは暑いようですね。
こっちも今日は雨上がりで蒸し暑くなり、日本の夏らしい日でした。
おかげで生ビールが美味かったです(w

同級生についてはFBでお伝えいたしますね。
縁って不思議です♪

2012-07-25 23:14 | URL | スナフキン [ 編集]

スナフキンさん、こんにちは。
いつもお元気そうで何よりです。

こちらは毎日の暑さにゲンナリ状態です。
涼しい渓が恋しいであります。

私の同窓生ですか。
どなたでしょう?

ふと思うのはフライの世界って、
皆どこかで繋がっていますね。

2012-07-25 11:12 | URL | 風来万吉 [ 編集]

Re: タイトルなし

風来万吉さん、こんにちは。

以前は釣果第一でしたが、近頃は釣果優先じゃなくなりました。
これって釣りなのかな?と思う時もあります(w

そういえば最近、万吉さんの高校時分の後輩の方と出会うことが出来、いろいろとお世話になってます。もちろんフライフィッシング繋がりです。

2012-07-24 23:02 | URL | スナフキン [ 編集]

いいですねー、開豁な渓流!
釣れなくとも振っているだけで楽しいですね。

2012-07-24 22:09 | URL | 風来万吉 [ 編集]

電話屋さん毎度どーも。
体はもう大丈夫なんですか?
釣りに行ってるようなので復活したのかな。
夏山女魚一里一尾と言いますから厳しい季節になりますが、尺モノとの遭遇も期待出来る季節ですね(w

2012-07-24 21:56 | URL | スナフキン [ 編集]

ひとつめの山女魚、形いいですね!
なんか最近岩魚づいてるんで、山女魚釣りたくなっちゃったッス。

2012-07-24 21:24 | URL | 電話屋 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/869-96397f0a

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索