2012.7.9ちょっとだけ釣り2012-07-10(Tue)

出張帰りの夕方釣りしました。
平日の夕方にも関わらず釣り人だらけでした。FF誌に載ったからでしょうか?
それでもなりなりに楽しめました♪

blog12791.jpg

blog12792.jpg

blog12793.jpg

blog12794.jpg

blog12795.jpg

Comments(9) | Trackback(0) | 2012Fishing

Comment

Re: タイトルなし

のしろさん、お久しぶりです。
うちにもこなれたブレトンありますよ(w
やはりブオ~っというラインですかね。
確かに道は遠いですわ。

2012-07-13 23:17 | URL | スナフキン [ 編集]

Re: タイトルなし

flycatさん、熱いですねー。
また何かあったらコメくださいね。
> 何と言ったらよいか...涙がでそうな位嬉しい解説です。トルクフルなロースピードラインですね。<精進>なんて単なるテクニック論じゃ出てこない言葉です。魚釣るだけじゃ物足りない何かを見つけた思いです。

2012-07-13 23:13 | URL | スナフキン [ 編集]

すいません。なんか面白そうな話なんで喰い付いちゃいます(笑
なんて言いますか、ラインスピードを上げなくてもブオ~っとトルクいっぱいのラインが行ってくれたら気持ちイイです。
自分的にはpezonだと、師範のブレトン(実にこなれています)とかコロラドで、まともなキャスト出来たらサイコーです。

相変わらず遠い道程ですけど!

2012-07-13 22:33 | URL | のしろ [ 編集]

何と言ったらよいか...涙がでそうな位嬉しい解説です。トルクフルなロースピードラインですね。<精進>なんて単なるテクニック論じゃ出てこない言葉です。魚釣るだけじゃ物足りない何かを見つけた思いです。

2012-07-12 20:01 | URL | flycat [ 編集]

Re: タイトルなし

flycatさん、どーもどーも。
ナイスなご質問ありがとうございます。

ハイスピードハイラインについてですが、僕はリッツから聞いたわけではないので、自分が理解している範囲でお話をさせて頂きます。いろんなご意見もあろうかと思いますが(w

ラインスピードは特別に早くしなければならない訳ではないようですよ。
ハイスピードの意味合いは速く振る事が出来る竿を表しているようです。

バンブーロッドしかなかった時代には、10ft程もあるロングロッドでは早く振る事が出来ませんでした。
pezonのパラボリックロッドは9ft以下のモデルがほとんどで、早く振る事が可能なアクションです。
早く振る事が出来ればラインは必然的に垂れ下がらずにピンと張っている状態を維持できます。
リッツが求めていたのは、ラインベリーが前後共に水平方向にまっすぐに伸びるようなキャストであったようです。

ラインスピードを上げれば容易い事ですが、僕はあえてラインスピードを限界まで落とすようにしています。
10m程度であればラインスピードが遅くてもラインベリーの張っている状態のキャスティングは可能です。
もちろん使うフライやフライライン、リーダーシステムによってラインスピードは変わってきますが。
だから自分は9ft~13ftほどのリーダーシステムにしています。

ただし思っていることが出来ているかといわれればまだまだです。精進あるのみですわ(w

flycatさんも優雅なキャストを目指して精進ください。

> すいません、これだけ(汗)。ハイスピードハイライン(よくわかっていないw)は、環境面等で渓流域だと良くないって事?自分も、竹ザオの特性を生かした優雅?なキャストを目指しているのですが...。

2012-07-12 19:20 | URL | スナフキン [ 編集]

すいません、これだけ(汗)。ハイスピードハイライン(よくわかっていないw)は、環境面等で渓流域だと良くないって事?自分も、竹ザオの特性を生かした優雅?なキャストを目指しているのですが...。

2012-07-12 09:49 | URL | flycat [ 編集]

確かにパラシュート多いです。スナフキンさんにとってはどって事ないテクニックだと思いますが、やっぱり引き出し多いわ(ただのニンマリスケベおやじじゃない(^^))。いろんな事突っ込みますんで、ブログじゃ書かないこと聞き出しますよww。あ~ダウ下がってきたどうしよう(汗。

2012-07-11 00:45 | URL | flycat [ 編集]

flycatさん、いつもどーも。
パラシュートフライって針先がむき出しなので、枝にフッキングしやすいですから、刺さると回収不能になりやすいですもんね。その点スタンダードパターンは解けて戻ってきてくれます。
また、ラインスピードを上げてしまうと勢い良く巻きついてしまいます。
ソフトなキャスティングだと、戻り率高いです。

2012-07-10 23:18 | URL | スナフキン [ 編集]

FF誌に載ると、川の周りの木にはフライやらティペットがたくさん引っかかって、他人のフライで一日過ごしたなんて笑えないことも...。また、フライを咥えたまま死んでいる野鳥も見たことあります。漆竿の方はDVDで、10本引っかけても釣るとかww。最近、極力他人の引っかけたフライでも、野鳥が食べないように回収するようにしています。昔カツレツ庵で、ようじが付いたままの<たまねぎふらい>を、のどに引っかけた事とは関係ありませんが...。大物を釣るエキスパートより、良識あるフライフィシャーを目指したい今日このごろです。人それぞれですがww。

2012-07-10 22:54 | URL | flycat [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/865-b6241296

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索