2012.7.1釣行2012-07-02(Mon)

今日から7月です。
数日20度以上の天気が続き、今日も良い天気。
釣りには良い条件とは言えない。
こんな時は気合を入れての釣りじゃなく、のんびりと竿を振れる釣りが自分好みです。
今日は夕方まで釣りができる貴重な休日。
行く川を2箇所に絞り、結局は近いほうに決めた。

blog12711.jpg
今日から東北の河川では鮎釣りが解禁。
その割りに釣り人が少ない感じ。

blog12712.jpg
暑さを避けて奥地の岩魚釣りにしました。今年は毎日のように熊出没のニュースが新聞に載ってます。
駐車スペースには6台停まってました。
全部が釣りではないでしょうが、先行者は間違いなく居るでしょう。
今日は釣果は二の次なので、気にせず予定通り入渓。
時間は10時半なので先行者の後でもなんとかならないかなぁ~という淡い期待を胸にタックルをセット。

blog12718.jpg
今日から衣替えで夏ルックにしました。

blog12713.jpg
この川には10年ぶりくらいに来ました。水量は平水くらいでしょうか。
川に下りてすぐにフライマン発見。早速声を掛けてみました。
初心者なので1匹しか釣れないような話でした。
上手な人なら釣れるでしょうと仰ってましたが、さてどうなのでしょう。
腕試しみたいになっちゃいますが楽しみです(笑

blog12714.jpg
ファーストフィッシュはこの流れ込み。

blog12715.jpg
ストマック採って見ましたが、あんまり食べてないですね。
餌が少ないのでしょうか。
でも#10サイズのガガンボ、#14サイズのセッジ、#16サイズのメイフライなどが飛び交っていて目に付きます。
色はいずれもダンカラー。

blog12716.jpg
くすみの無いピンク色のタニウツギ?。


プールで枝をかわしてのサイドキャストで、もこりと出た。軽くあわせたつもりだったが嫌な感触。あちゃー、痛恨のあわせ切れー。4Xティペットとリーダーのつなぎ目からプツンでした。場を休ませるために時間を掛けてティペットを結びなおす。
気を取り直して再度プレゼンすると出ましたー!
引きは強引だけどさっきのとは違う感じ。

blog127116.jpg
9寸くらいかな。先程切られたティペットは着いてない。

blog12717.jpg
ここでは時間を掛けながら釣って4匹キャッチ。
当然ですがだんだんサイズダウンしてきます。

blog127121.jpg
その後ものんびりと釣りあがると、ぽつぽつとアベレージサイズが釣れる。
この魚を最後に3時半に退渓。

blog12719.jpg
夕方はKさんと合流する。
4時頃から釣りを始めたらしいが、コンスタントに釣れてるらしい。

120701_1743~01
PHOTO by Kさん

120701_1733~01
PHOTO by Kさん

blog127111.jpg
アベレージはこの位。フライは#12にしているが夕方という事もあり魚の反応はすこぶる良い。
でもフッキングが浅く、取り込み中にことごとく外れちゃう。
焦っているわけじゃないけど魚の出が激しいからつい合わせが早くなっちゃう。その所為か。
しかも今日はリーダー10ft程でやっているからそれも拍車を掛けてるような気もする。

120701_1803~01
やっと少しいいサイズキャッチ。
このサイズでも超スケベ親父スマイルしちゃってます。これでイイのだ。
尺上狙いだけが釣りじゃない(笑

blog127110.jpg
今日一番のサイズはこちら。夕方用に大きいランディングネットにしたけどまだまだ余裕ありました。

小雨もぱらついてきて、イブニングは不発に終わりました。
でも充分堪能できました。
Kさん今回もありがとさんでした。

Comments(5) | Trackback(0) | 2012Fishing

Comment

丁寧な説明で勉強になります。ちなみに、3番で20mのレベルではありませんww。これからもいろいろ質問させて下さい。ジーニアスはペゾンより洗練されたアクションだと思います。でも、これからもおふらんすのぼろいペゾン2兄弟で頑張ります(なんのこっちゃ)。

2012-07-05 12:33 | URL | flycat [ 編集]

Re: タイトルなし

flycatさん、どーも。

いろんな竿を使われてpezonにたどり着かれたのですね。素晴らしい!

でもロッドは関係ありません。キャスティングは条件によって左右されます。
例えば、ハックルを薄く巻いた14番のドライフライと、10番の厚巻きフライでは空気抵抗が違うため飛行能力が違うのはお分かりですよね。
3番のラインで20mキャストするならラインスピードを上げないと投げられませんよね。
でも7番ラインなら普通にキャストしても余裕です。
それと一緒です。

釣りの為のプレゼンテーションを考えるなら、状況によってラインスピードが変わってきます。と僕は思いますがいかがでしょうか。

> いろんな竿使いましたが、結局パラボリックバンブーに辿り着いた結論って、キャスト力にカーボンにない粘りでしたが、先に言われるように、ラインスピードとループコントロールの調整が、キャスティングレンジに左右されないって事でokかな?。HS/HRを語るほどではないのですがww。いわなloveは例のやまめの反動ではww?。

2012-07-04 21:56 | URL | スナフキン [ 編集]

いろんな竿使いましたが、結局パラボリックバンブーに辿り着いた結論って、キャスト力にカーボンにない粘りでしたが、先に言われるように、ラインスピードとループコントロールの調整が、キャスティングレンジに左右されないって事でokかな?。HS/HRを語るほどではないのですがww。いわなloveは例のやまめの反動ではww?。

2012-07-04 21:02 | URL | flycat [ 編集]

Re: タイトルなし

flycatさん、いつもどうも。

T川飽きちゃいましたか。贅沢ですよ(w
僕は最近、岩魚loveです。

ラインスピードを上げてキャスティングすると船形ループになりますが、恥ずかしく無いと思いますよ。
僕はフライをターンさせるのに必要なラインスピードでキャストするようにしていますので、使うフライやキャスティングレンジによっていろんなループになります。

2012-07-03 07:41 | URL | スナフキン [ 編集]

私もT川3回行って、釣れすぎて飽きましたW。今は、同河川系でヤマメさんと遊ぶようにしてます。(貧乏なので近場><)イワナ三昧の後のヤマメは反応が速く感じて、あわせがついつい大げさになっちゃいますW。それから、コロラドも二度目の骨折から復活。今流行の舟形カックンループになりました。(他人には見せられません。)

2012-07-03 02:02 | URL | flycat [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/860-e777a3c6

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索