2011.9.25釣行2011-09-26(Mon)

9月最後の日曜日です。
各地に甚大な被害を与え、日本を縦断した台風15号の影響はまだ残っているようですが、行くしかないですね(笑

今日はE.YAZAWAの日比谷野音のライブアルバムを聴きながら走るっす。
僕が矢沢を知ったのは中学の時。姉貴が後楽園のアルバムや、自叙伝「成り上がり」を持っていたので、それがきっかけ。
一昨年、永ちゃん60歳の時にROCK’N ROLLという全国ツアーがあった。
青森市まで見に行きましたがな。

60になっても永ちゃんはカッコ良かった。
その時の選曲はそれこそ、76年日比谷のライブと同じ。
ステージを思い出しながら、自分も60になった時、そんな格好良いフライマンでありたいな~と思った次第であります。


本流筋はまだ水量が多く、上流部や沢筋に目星を着ける。
渓流禁漁目前なので、やはり釣り人サンは見かけますねー。
現地着は10時。
橋から川を覗くと平水より高めで良い感じ。
あとは先行者が居ないことを祈るのみ。
しか~し目的の場所には車が2台も停まっているぞい!
車の中を覗かせて頂くと、どうやら茸採りらしいので、予定通り入渓。

blog119251.jpg
林を下り、そーっと流れを覗き込む。
ドキドキするね~!

気合入れて釣りする気分では無かったのだが、この水を見て少しムクムクしちゃいます。
やっぱり私すけべーです!。尺に期待しちゃいます。

10番のスペックルドセッジを3Xに結びます。
ヤマメはすでに産卵態勢に入っているでしょうから、速い流れよりも穏かな流れに着いているはず。
入ってすぐに、適度な水深の深瀬があります。
いきなり尺が来ちゃうかなとドキドキしながらプレゼンテーションしますが、反応がありませぬ。
これはおかしい。このポイントは木の枝が邪魔になるため餌師は無理だろう。ルアーマンに先を越されちゃったかな?。ちょっとがっかり。

その上のポイントも良い感じの長い深瀬。
流れ込みから30mはあるので、手前から慎重に狙っていくことにします。
対岸に流芯が通っており、岸際から飛び出ている草下がくさい。
でも出ない。
次は分流した流れが左から三筋の流れを作って本筋に合流しているポイント。
さて、何処から狙おうか?
まずは分流の流れが本筋と合わさる場所でしょうか。
何故なら一番餌が集まる場所だから。
完璧なプレゼンテーションです。でも出ると予想していた場所をフライが素通りし、気が抜けて次のポイントに目を向けた時、視界の隅で銀色のひらめきが見えた。
「魚!」と思いすかさず合わせると乗りました。
ヤマメ特有のローリングサンダ~。しかも良いサイズじゃないですか!
ドキドキしながらばれるなよ~と念じつつ、慎重に寄せてランディング成功。

blog119252.jpg
27cmのメスヤマメ。

blog119253.jpg
体色は黒ずんでおらず、控えめなオレンジの帯を纏っていて、麗しいお姿でございましたです。

幸先良いスタートになってご機嫌ですよ、ハイ。
身重の体なので丁重に触れさせて頂きリリース。
素敵な旦那さんの元へお帰りください。ってっちょと同じ流れに戻したらこの後釣れなくなっちゃうじゃなーいのよ~!
という事で、瀬尻の方でお見送りさせて頂きました。

その後は良いポイントでも反応がありませんね~。
流れの中の握り拳大~頭大程の石は、大水で流された為グラグラして不安定なのが多いです。
慎重に足を運ばないとこけそう。
最近はシムスのラバーソールを愛用しているので、綺麗に洗われた石は全く滑りません。
フェルトソールよりもガッチリ食いつきます。

blog119254.jpg
ところが、この滝下を左から右に渡渉し、対岸の岩場へ足を掛けてビックリ!
メチャ滑る。
普通のスニーカーと変わりないくらい良く滑る。
これで滝を越せるか不安になりました。
でも良く滑るのは水際だけで、上の方は問題ありませんでした。
一時は引き返したほうが良いかなとさえ思ったくらいでしたから一安心です。
岩の表面がヌルヌルしていたのですね。フェルトシューズなら問題なかったでしょう。
でも、ラバーソールの性能を知ってしまった今、里川以外はラバーソールにします。
滑る時と滑らない時を比較すると、滑らない時の方が多いからです。
しかもグリップするところは強烈に食いつきます。
あとは軽い。
ソールも減りにくいらしいですが、まだそこまで使っていないので判りませんが、エキスパートの方々が長持ちするとの事ですので、たぶん長持ちでしょう。

さて、滝も無事に越し、釣り上がりますが反応ありません。
先行者の足跡も無いので、魚が薄いのか、やる気が無いのでしょう。
自分もやる気がなくなり、惰性で竿を振ってます。

blog119255.jpg
それでも1匹付き合ってくれました。浅い瀬尻で、ピチッという感じの捕らえ方でした。

気が着いたら12時過ぎてます。
もう釣りはいいかなってくらいの意気消沈。
潔く退渓します。
斜面を登りながらミズの球を採ります。

帰るのもなんなので、別な川へ行ってみることにしました。
ところが上流部は通行止めのため断念。台風の影響でしょうね。
何処に行くか思案し、沢が無難という結論から、近くにある沢へ行くことにしました。

時間は2時過ぎてます。

blog119256.jpg
釣れても釣れなくても、2時間くらい竿を振って帰ろうと思い、比較的開けた場所に入渓。

天気は良いけど木陰の中の渓流です。
お日様を浴びながら、竿を縦に振って開けた川で釣りをしたかったんだけど、仕方ないです。
入ってすぐに小物だけど釣れました。

blog119257.jpg
フライは#12ジャシッド。

ところが後が続きません。
すると先行者の足跡発見。
今日入ったものでしょう。
仕方が無いですね。

それでも少し釣り上がってから、キリの良いところで退渓。
今度は車を止めた場所から下流へ入ることにしました。

良いポイントがあるけど釣れません。
退渓点目前で、ようやくHit!

blog119258.jpg
これも綺麗なメスヤマメです。

blog119259.jpg
こちらも控えめなオレンジ色です。背中の黒点が大きいですね。

時間は5時少し前ですが、退渓することにしました。

もう充分です。
今年の渓流はこれで終われるかな?
でも平日休めばまだ出来る。
ん~、どうしよっかな。
魚達も産卵控えているので、ちょっかい出すのもどうかと思うんだけど、ついつい惰性で釣りをしたくなっちゃうんです。
困ったもんです。早く禁漁になれば良いのに(笑

blog1192510.jpg
もぅすっかり秋です。
ゆっくり休もうっと。

Comments(2) | Trackback(0) | 2011fishing

Comment

Re: タイトルなし

青森のくどうさん、ども~。

9月になるとさすがに疲労感が漂ってます。
もうホントに渓流はいいって感じなんですが、明日最後の悪あがきしてきます。

釣果は二の次で、渓流で竿を振るのが目的です(笑
魚の写真は無いと思います(笑

2011-09-27 19:16 | URL | スナフキン [ 編集]

お疲れ様でしたm(__)m

今年はいろんな意味で特別な年ですが、最終の渓流、楽しまれたようで、とてもうまやらしいです!

素敵なヤマメ沢山釣りましたね(*^ー^)ノ♪
素晴らしい日記をありがとうございました(^-^)/

2011-09-27 17:44 | URL | 青森のくどう [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/804-b9bfb73c

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索