ランディングネットの大きさについて(渓流編)2011-06-17(Fri)

大きいネットと小さいネット、あなたはどっち派?

blog115113.jpg
上の写真のネット、大きいほうの縦径は32.5cmで横径は22cm。
小さいほうは縦径25cmで横径は13cm。


blog11617n.jpg
大きいネットで32cmのヤマメだとこんな感じです。

blog11617n2.jpg
小さいネットに31cmの岩魚だとこんな感じになります。

小さいネットだと写真に撮ったときに魚が大きく見えます。
大きいネットだと迫力が出ません。
写真写りを考えると小さいネットに軍配が上がりますが、さて使い具合はどうでしょう。

ところで、ランディングネットが必要な魚の大きさってどのくらいからでしょう?
25cm程度ならランディングネットが無くても全く問題ないのではと思いますがどう思われますか?。

上の写真の岩魚は、3番ロッドを使用していた為寄せるのに苦労し、二回入れそこないました。
フライ丸呑みだったのでバレませんでしたが、渓流の速い流れの中での取り込みは魚が安定せず、タイミングを見て慎重に掬わなければなりません。
流れの緩やかな里川などで、強めの竿を使っていれば釣り人のペースで寄せられるため上手く出来そうですが、小径のネットは魚を入れにくいことは確かです。

blog11615n_20110617183122.jpg

小さいネットを使って冷や冷やしながらのスリルを楽しむのもありでしょうが、その分取り込みに時間がかかり魚にとってはダメージを与えることになります。

大きいネットは、激しく暴れまわる魚でも、ネットインの射程距離に入れば、有無を言わさずに一気に掬う事が出来ます。
大物釣り師の取り込みは、魚が手前によってきたかと思うとすかさずネットを水中に入れて掬います。
大抵は狙っている魚のサイズを余裕で掬える大きいネットです。
魚のサイズに見合わないサイズのネットではこれが出来ず、ネットを水中に入れた状態で待機しながら魚を誘導することになり、魚がネットを見たとたんに激しく抵抗し、バラス可能性が高まります。

千載一遇の大物と出会ったときに後悔しないためにも、余裕サイズを選択するほうが賢明ではないでしょうか。

blog11617n3.jpg
縦径27.5cmで横径19.5cmのM2クラフトネットで27cmの魚だとこんなです。
間口が広いので掬いやすいから、縦径がこのくらいでも渓流で尺くらいまでの魚に使うならベストサイズかも。
写真写りも良いしね。

Comments(1) | Trackback(0) | Net

Comment

私のは30センチくらいなのかな?

やっぱり小さいのはネットいらないし、バレそうな尺ものに合わせてます。

で、あのネット壊れちゃいました。
でも、補修して使ってますヽ(^o^)丿

ボロでも気に入ってまして(^^♪

2011-06-17 23:14 | URL | 青森のくどう [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/759-0a30679a

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索