2011.5.19タイイング2011-05-19(Thu)

今日も巻きましたー。

blog115192.jpg
ホートンルビーとアプリコットスピナー。
どちらも初めてのタイイングでした。
ホートンルビーはパートリッジE4B#16を2本と#14に1本。サワダのゴールデンスピナー#16を1本。
ウイングはナチュラルブルーダンヘンのバックフェザーをウイングバーナーで焼いて整形。
テールは指定のホワイトに近い物で手持ちのマテリアルでは、メッツのコックネッククリームを選択。
さすがに指定通り3本のファイバーで支えられるような良質なものではないので、4~5本にしてみました。
ハックルはインディアンコックネックのミディアムレッド~ジンジャーを3枚使用。
ゴールデンスピナーにはハイブリッドネック2枚使用。

blog115191.jpg
アプリコットスピナーはパートリッジE4B#12を1本とサワダリマリックスピナー#12を2本。
ウイングは秘蔵のダイドライトブルーダンコックネック。
ストークボディーは秘蔵の明るいRIR。
ハックルは指定通り、ジンジャーバリアント1枚とハニーダン2枚。共にインディアンコックネックを使用。
テールはライトジンジャー。
今までワイルドキャナリーとほぼ同じフライというイメージでしたがいざ巻いてみると違うことがわかる。
指定通り巻くと、透明感のあるスピナーに仕上がった。
ワイルドキャナリーと釣果に違いが出るかといわれると?だけれど、かなり気に入りました!
視認性はワイルドキャナリーの方が上でしょうから、川によって使い分けることにしましょう。

ホートンルビーも初めて巻いてみたが、昔からの有名なスピナーパターンなのだから釣れないはずは無い。
穏やかな流れのプールなんかでライズしているシビアな魚相手に出番がありそう。
でも#16だとかなり見えずらそう。

Comments(0) | Trackback(0) | Fly Tying

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/744-eb0fdc77

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索