BRODIN「ヤマメ」2007-01-15(Mon)

このネットは、2002年4月に山形へ釣りに行ったときに偶然入った釣具店で見つけた物。「エコノミー2」というグレードで比較的廉価版なのだと思う。

それまではインスタネットか、イチイの木で自作したランディングネットを使っていたのだが、自作ネットを川に流してしまったのでちょうど良さそうなのを探しているときだった。

当時BRODINはティムコで扱っていたので、入手するのは難しくはなかった。いろんなモデルがあるようだったので、サイズ的に「ブルック」というモデルにしようと考えていた矢先だった。

この店にはブルックもあったのだが、グリップが白っぽい材質の木で今ひとつ気に入らなかった。
この店にあった「ヤマメ」モデルはグリップがゼブラウッドを使っており、しましま模様がなんだか素敵に見えた。
また、スリムなデザインはヤマメに似合いそうだ。

この当時は標準で装備されているネットリリーサーが磁石になっていたが、この店で売っていた物はバネでロックする機構の真鍮製の物が着いておりそれも気に入った。

しかし、大物をネットで掬う時にサイズが小さいような気がして不安だった。
その事をお店のオーナーに相談したら「これと同じモデルでヤマメの35cmまで掬ったことがありますから大丈夫ですよ」という心強い返事が返ってきた。

20070115091831.jpg
ネットのサイズは、内径縦28cm・横15cmです。
下に敷いている緑のマットは45cm×30cm

間口が広い方が掬いやすいけれど、普通サイズのネットで取り込みをスマートにこなすのも技術のうちかなとか、写真を撮るときに魚が大きく見えるしなーとか、購入を決めるのに自分に都合の良い答えを出し買うことにした。
運の良いことに、この年に37cmのヤマメを筆頭にこのネットでたくさんの魚を掬うことが出来た。

使ってみて気が着いたのは、尺くらいであれば取り込みも余裕があるが、尺を完全に超えるサイズになると間口の狭さがプレッシャーとなった。
当初思っていた「取り込みを楽しむ余裕」というのは無いと言うことが判った。

このネットは2002年~2003年に活躍してもらいました。現在は隠居中です・・・

20070115091917.jpg
ネットに入っている魚の置物は18cm(体が撓んでいるので実寸20cmというところです)

| Net

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索