2010.6.6釣行2010-06-07(Mon)

前日はアメリカに永住した友人が、親戚の結婚式のために帰国したため、急遽仲間達で集まり飲むことになった。
0時には帰宅したのだが、目覚めた頭はスッキリとしなかった。
それでも今日は、7月に遠方から来る釣り仲間を案内する川を下調べする予定。

blog1066m.jpg
橋の欄干に付けられた鮭のモニュメント
下流部から上流へ向けて移動しながらポイントを吟味する。
朝到着したときには霧が掛かって肌寒かったが、9時頃からお日様が出た。

blog1066s2.jpg
スケールの大きい、深い淵が多い。
淵が続く区域と瀬が続く区域がある。

blog1066s3.jpg
車で走りながら浅い瀬でライズを発見した。折角なので少し竿を出すことにした。開けた川で思い切りラインを伸ばす。
でも釣れない・・

blog1066s4.jpg
晴天で気温も上がり、ライズに期待するも見掛け無い。
深い淵は敬遠し、瀬を中心に良さそうなポイントだけ竿を出し出し移動する。
ドライに反応が悪く、1匹ばらしたのみ。ダブルニンフにしてみたが無反応。

blog1066s5.jpg
橋の上から覗くと、それほど大きくはないが魚影は見える。しかし皆沈んでいる。

blog1066s7.jpg
中流域の流れ。ここの瀬に期待したが、餌釣り師がすぐ上流に居りすぐに退散。

中流部までで小ヤマメを1匹釣り、バラシが数回。
フライへ出る魚は少なく、忘れた頃に出る。
反応する奴は一投目に出る。

blog1066i1.jpg
午後二時、待望のHitは、予想外のでかさ。

blog1066i2.jpg
白泡に揉まれて沈んだドライフライでHit。

blog1066f.jpg
バーブレスフック12番に巻いたオレンジクイル。

blog1066i3.jpg
堂々の45cm。岩魚の自己記録更新。

blog1066s8.jpg
更に上流を目指す。ここでも出るのは小ヤマメばかり。

4時に川から上がり、別水系へ移動することにした。

blog1066y1.jpg
ここでもサイズは今一つ。

blog1066s9.jpg
静かなプールでメイフライのスーパーハッチに遭遇。
10番サイズ中心で、スピナーからダンまで飛び交う。
もちろんライズも始まる。

blog1066i7.jpg
12番のグレークイルですぐに1匹目の岩魚が掛かる。

しかしその後が続かない。
フェザントテールニンフに変えたり、ソフトハックルフライに変えてみたりしたが釣れない。
再びスピナーパターンやパラシュートパターンにしてみたがダメ。
4Xリーダーを5Xに変えてみてもダメ。
フライが見えにくくなる頃にはメイフライのハッチも無くなっていた。
暗闇の中で目を凝らすと、時折ライズがある。
7寸ほどの岩魚がやっと一匹釣れた。
いかにも大岩魚と思わせる静かなライズが対岸の岸寄りに時折見えるものの、手が出せず完敗した。
久しぶりにイブニングらしい釣りをしたが、釣果はその割でもなく、攻略方法を考え中。

今回は開けた大渓流を釣りしてみたが、森の中の渓流と違い、今までの自分の知識だけでは手に負えない事がたくさんありそうに思える。
川の癖もあるだろうし、フライや釣り方など、通って覚えるしかなさそうです。

| 2010Fishing

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索