2010.5.30釣行2010-05-31(Mon)

blog10530s.jpg
餌釣りの師匠が生前好んで通っていたという川へ出向いた。
橋の上からご供養のお酒を流した。
餌釣りの時に世話になったK師匠が5月24日に病気のため亡くなった。
とにかく釣りが上手な人で人の釣り終えたすぐ後でも、師匠がやると魚が釣れた。
ウエーダーは履かず膝下の普通の黒い長靴でいつも釣りをしていた。
毎年尺ヤマメだけでも20本以上は欠かさず釣り上げ、一度の釣果も40~50匹は当たり前だった。
釣りが上手なだけでなく、冗談が好きでいつも人を表せるような明るい性格で、どんな人からも好かれていた。
また手先も器用で、オンコの木(イチイ)でタモをこさえたりもしていた。

自分がフライに転向してからでも時々は、師匠の職場へ出向き釣果情報を伺っていた。
ほとんどの釣り人は釣れた場所を内緒にするが師匠はそんなことが無く、どこそこのポイントで尺二寸のヤマメが釣れたとか、あそこの川に50オーバーのイワナが居るとか包み隠さず教えてくれた。

4月にも会ったばかりだった。
職場の仲間と度々釣りには行っていたようだったので、体の調子もさほど悪いとは思わなかった。

連休中に入院したと聞いたが、検査入院だろうと思っていた。実はそうではなかったらしい。
突然の訃報だった。
5月29日に葬儀が執り行われた。

明けて日曜、師匠の軌跡を追って弔い釣行をすることにした。
月曜から雨が降り続いた前日までとうって変わり、良く晴れた日になった。

師匠が晩年通っていた川は、いかにも東北の里川といった流れで、相棒と二人のんびりと釣りをしていたらしい。

自宅から30分ほどでその川へ到着した。
雨の影響か田圃の関係か、笹濁りだった。

春の日差しに輝いた流れはいかにも釣れそうだった。
しかし竿を出す気が起こらず、車でちょこちょこと移動しながら、あちらこちらの流れを眺めていた。

濁った時は浅瀬を釣れと教えてくれたのは師匠だった。
目の前の流れを見ていると、こうしろああしろと師匠の声が聞こえてくるようだ。

ひとしきり感傷に耽った後、やっとロッドをつなぐ気になった。

blog10530s1.jpg
笹濁りなのでダブルニンフでやった。

blog10530y1.jpg
それほど大きくはないが本流らしい体型のヤマメが一匹だけ釣れた。

午後は別の川へ移動した。
ここも師匠と行ったことが一度あった。
その場所にはフライマンの姿があった為、少し下流へ入ってみた。

blog10530s2.jpg
10番ほどのスピナーが乱舞していた。

釣れて当然と思い、ドライフライを結んだが何故かまったく反応がない。
早めに見切りを付け支流へと移動した。

そこは先行者の足跡がはっきりと残っていたが、たぶん餌釣りであろうからなんとかなるとふんだ。
ここもおびただしい数の12番サイズのスピナーフォールが目に付いた。
12番のスピナーを結ぶと、案の定すぐに魚は釣れた。

1時間ほどやって5,6匹釣れただろうか。
渓筋の為太陽が隠れると暗くなってしまうので、陰気になってしまう。
開けた流れでイブニングでもと思い再び朝の川へ戻ることにした。
到着してみると期待した流れは田圃の泥水が入り、真っ茶色と化していた。

仕方がないので再び移動。

ふと思いついた小川に行ってみることにした。
ここも師匠が出向いていた川だったはずだ。
一度くらいは一緒に釣りをしたような気もする。

blog10530s3.jpg
両岸護岸で、一度川へ降りると上がるところがあまり無い。
しかも葦に覆われた細流のため、流れの開いた場所を釣ることになる。
ポイントが絞られるので逆に釣りやすい。
14番のセッジで、速い流れでも居ればすぐに反応する。

blog10530y2.jpg
色の綺麗なヤマメが釣れる。
こんなのを15匹位は釣っただろうか。

blog10530y3.jpg
ここの川での、一番の大物。

この魚を釣って納竿することにした。

釣れているときは我を忘れて釣りに没頭できた。
しかし釣れないときは師匠のいろんなアドバイスが聞こえてきた。
釣れないからといって焦ってしまうとよく注意されたものだ。
フライに転向してから、先を競ってばかりいた様な気がする。
最近になってようやく、ゆったりと釣りがしたいと思えるようになってきた。
やはり師匠の教えは自分に染みついているのかな。

釣りに対してだけではなく、誰にでも優しく、親しまれる人柄も受け継ぎたいと思う。

なにはともあれ7時まで釣りをしたが、今日一日師匠と一緒に釣りをしたような気がする。
少しはリフレッシュできたかな。

| 2010Fishing

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索