2010.5.16釣行2010-05-17(Mon)

今日は近場での釣りだったため遅い時間に出発した。
寒さが続いていたが、前日から春めいた陽気になった。

blog10515f1.jpg
連休が過ぎると田植えが始まる。山里の遅い桜が見頃だった。
現地には10時に到着したが、週中に降った雨の影響で川は増水していた。
開けた本流で釣りをする予定だったが、渡渉が厳しそうに思えたので上流域に足を伸ばした。
支流と分かれると、若干水量は多めだが釣り上がるには問題がなさそうであった。

blog10516k1.jpg
初めて入る区間であったが、下調べのつもりで入渓することにした。
水量が多めなのでウエットで始めた。

blog10516i1.jpg
入ってすぐにドロッパーのロイヤルコーチマンに岩魚が掛かった。

気温も上がり羽虫が目立つ。
ライズも時折見掛けるので、ドライに変えた。

blog10516s2.jpg
ここでは二匹釣れた。

blog10516y1.jpg
スペントバジャー#14の一投目にヤマメが掛かった。

blog10516i2.jpg
右岸ギリギリでは岩魚が掛かる。

更に上流へ行くと大物が期待できそうな小滝が現れた。
下流側かドライフライをプレゼンテーションした一投目に、ゆっくりとヤマメが浮かび上がりフライをくわえた。
久しぶりのドライフライで緊張し早アワセになってしまいフッキングできなかった。
その後ドライに反応しないためソーヤーニンフを使いアップストリームで狙ってみたが反応がない。

blog10516s3.jpg
滝を巻いて岩の上から狙うことにした。

再びドライフライに変えた。
反応が無くウエットに変えると淵の底から何匹ものヤマメが活発に反応してくる。
しかし最初にフライを喰わせられなかったのが原因で後が続かない。
ニンフに変えたりダブルニンフにしたりと手を変えながら岩の上で3時間経過した。

blog10516y3.jpg
サイトで狙い、ダブルニンフのフェザントテール#16でようやく掛けたヤマメ。
サイズは大きくないが、いろいろと勉強させられた。

ここで一度車に戻り、再び上流へ向かう。
道路と近くなる辺りから再入渓。
ドライフライに変えたが、#12のスピナーでは反応はするもののフライをくわえていない。

blog10516y4.jpg
#14のコーヒーブレイクにするとすぐにフッキングする。

良いポイントでは同じサイズが面白いくらい反応し、素直にフッキングする。
1時間ほどドライフライを堪能して竿をたたんだ。

今日は良いサイズが釣れていないので、本流でウエットを一流ししてから帰ることにした。
目論んでいたポイントの傍まで来ると、餌釣り師が道路を歩いてくるところに遭遇した。
たぶん自分が狙っていたポイントを釣り終えて上がってきたところだろう。
それでもダメ元で入ってみた。
水量は多かったので大物が出そうな感じであった。
ウエットを流すが、餌釣り師のやったすぐ後なので反応がない。

blog10516y6.jpg
それでもリードフライのシルバーサルタンにヤマメが掛かった。

この一匹で諦め終了した。

| 2010Fishing

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索