2010.5.3~5釣行②2010-05-10(Mon)

一泊して朝目が覚めたのは4時半。
することが無いので川を偵察に北上してみた。

blog1053f.jpg
沢筋で見掛けたカゲロウ

案の定何処の沢も雪代が入り、釣りをするには厳しい状況。
河口でアメマスでも釣れればと思いウエットフライを流してみたが反応無し。

blog1053k1.jpg
しかし1河川だけ雪代の落ち着いた渓流を見つけた。

初めての沢だったので、流れを見ながら上流を目指すと釣り人を二人ほど見掛けた。
堰堤を幾つか越え、流れが林道と近くなったあたりで竿を出してみる事にした。
水量は落ち着き、ドライフライ向きのように感じたのでドライでやってみることにした。
入りやすい場所なので釣られているのか、今一つ反応が良くない。

blog1053i0.jpg
やっと岩魚が釣れた。イエローサリーオリジナル#12

30分程やってみたがドライよりもウエットの方が良いのかと思い、一度車に戻りロッドをSupersevenに換え釣り方もウエットに変更した。

ウエットでも反応はなく、どうやら魚が少ないようだ。

blog1053i1.jpg
ウエットで釣れた岩魚とSuperSeven

魚が少ないようなので、車で上流へ移動。
林道が沢から離れたあたりから再入渓。
昼頃になると羽虫も出始めたのでドライフライにした。

入渓者が比較的少ないのか、下流部よりも魚の反応がある。
数は10匹ほど釣れたがサイズは6寸平均。

blog1053i2.jpg
堰堤下で釣れた岩魚が一番大きかった。ワイルドキャナリー#12

サイズは思ったほどでもなかったので、少し早めだが退渓することにした。


blog1053c.jpg
この日は秋田のきょんさんのオフ会に参加する。
16時集合だったが、ちょうどに到着したらすでにほぼ全員集まり宴会がスタートしていた。

毎年恒例になっているきょんさんのオフ会春の陣ですが、毎度のメンバー以外にも今回は、秋田を代表するフライキャスター集団みなみ会☆☆☆のメンバーの方々や、大館のアーガス代表様など、多彩な顔ぶれでした。

自分は初対面の方々が多かったのですが、同じ趣味の者同士すぐにうち解け、キャスティングの話を中心にフライの話等いろいろとお話しが出来ました。
大館の兄様には秘密フライまで頂戴しました。

翌朝はみなみ会大御所のM.Oさんとよへいさん、Rhoganさんにキャスティングを教えていただきました。
彼らがキャスティングするラインは美しいの一言につきます。
千本振り始め、30ydフルラインフォルスキャストなど幾多の伝説を残している方々です。
良い方々と巡り会えたこと感謝です。

キャスティングにはTALISMAN SuperSeven、Phantomと、電話屋さん所有のHawkEyeとHawkEyeプロトを使いました。
電話屋さん、ロッドをご提供いただきありがとうございました。

TALISMAN RODは名キャスターの方々にも評判良く、ホッとしております。

テントの回収を終え、各自釣り場へと向かいました。

自分はニンフの達人Kさんと入渓場所を相談していると、地元のグランパさんご兄弟が登場し、ポイントを案内頂けるとのお申し出。
ありがたくお願いすることにしました。残雪が林道を塞いでいるところから入る予定でしたが、既に釣り人の車が停まっておりました。

移動時間がもったいないので、車止めから少し下った地点をやってみることに。
今回はKさんのニンフフィッシングを見せていただくことにっておりましたので楽しみにしておりました。
自分はとりあえずドライでやってみることにしました。

入渓者が多いであろうポイントなので期待はしていませんでしたが、すぐにドライに反応がありましたがフッキングせず。
ニンフのKさんとチェンジします。
彼のニンフスタイルはダブルマーカーにダブルニンフシステムです。
アップストリームの釣りで、流れの複雑になった泡だった落ち込みなども積極的に攻めていきます。
かなり頻繁にアワセをしていますが、なかなか針に乗らないようです。
激戦区なので魚もシビアのようです。

blog1054kg2.jpg
それでもしっかりとGet。

blog1054kg1.jpg
すかさずストマックを採ります。

blog1054kg3.jpg
枝の被ったポイントでも果敢に攻めます。
ダブルマーカーダブルニンフシステムでも的確なプレゼンテーションをします。
素晴らしい技術です。

彼はとても研究熱心で、釣りの話をしていると、とても参考になることが多いです。
今回は初めての同行でしたが、アップストリームニンフの釣りを教えて頂けてとても勉強させていただきました。

blog1054g1.jpg
自分もドライフライでやっと1匹釣れました。とりあえず一安心。

午後は下流部へ移動しました。
下流部でも自分はドライで、Kさんはニンフ。
気温も上がり、ドライに良い感じでしたが、なかな出ません。
何度かフライにアタックするもフッキングまでにいたらず。

4時まで釣りました結局ボーズでした。
それでも、開けたか流れでのドライフライフィッシングは久しぶりだったので楽しかったです。

その後、着替えをしながら、グランパさんとお兄さんと4人でキャスティングや釣りの話などたくさん出来ました。
彼らにもSuperSevenを振っていただきましたが好評でした。
グランパさんのサイドキャストはスロースピードでもスラックの全くないラインがピーンと張り素晴らしいキャスティングでした。
みなみ会恐るべしです。

今回のきょんさんのオフ会ではたくさんの方々と出会うことが出来、とても楽しく充実した二日間でした。
お声を掛けていただいたきょんさん含め、みなさん本当にありがとうございました。


| 2010Fishing

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索