FC2ブログ

羨望と欲望の狭間で2007-01-10(Wed)

ボクも含めて多くの釣り人は大物を釣りたいと常に願っているはずだ。

自分が釣れば大喜びだが、他人が釣ったものならば「羨ましいーっ」て思うだろう。

これは嫉妬ではなく、「自分も釣りたーい!」っていう欲望の現れなんだ。大物をばらした時にわき起こる悔しい感情と似ているような気もする。自分が釣ることが出来なかったことがショックなんだね。もっとも、バラシた時のほうが数倍ショックが大きいが・・・

20070110005358.jpg

以前達人と釣りに行ったとき運良く自分に尺ヤマメが釣れた。
達人は「さすがだねー、おめでとう」と祝福してくれた。
ボクがそのポイントを先にやったため釣れたのだから、少し恐縮していると、達人曰く「自分がそのポイントをやっていれば自分に釣れただろうはずの魚だから、一緒に行った人が釣ったのは自分が釣ったのと同じ。そう思えるんだよ」と。
ボクの場合は「先にやっていれば釣れたかもしれない」だが達人ともなると「先にやっていれば当然のように自分が釣っているはず」という自信が伺える。

確かに達人が尺ヤマメを釣るシーンを目撃したことがあるが、プレゼンテーションやナチュラルドリフトなどが完璧なのだから釣れて当然に思える。

釣れるべくして釣るのだから、そのあたりが達人たる所以なのだろう。ボクはいつになったらその境地へ辿り着けるのだろうか・・・

| Fishing

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 go.narumi.All Rights Reserved

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索