09.9.26~27釣行2009-09-28(Mon)

blog09926k1.jpg
桂化木。いわゆる木の化石。これが川岸を形成している流れが岩手にはある。

いよいよ渓流釣りも大詰め。
釣果を気にするよりも、渓で竿を振れることだけで満足すべき時期になってしまった。
数年来訪れていない渓流を巡る釣り旅にすることにした。

blog09926s1.jpg
目的の川へ行く前に気になって寄り道をしてみた里川。
盛期ならあまり寄り道はしない方なのだが、心のゆとりがあればこそ。
道路から覗いたプールには良い型のヤマメが群れていた。
もちろん竿を出してみたが、釣れたのは15cmヤマメ。

blog09926s2.jpg
第一の目的地へ入る。
柔らかい秋の日差しが木漏れ日から差し込む。

blog09926y1.jpg
すぐに釣れたのは錆びたヤマメ。
こんなのが数匹釣れた。

blog09926y2.jpg
この時期にしては珍しくコンディションの良いヤマメ。
この1匹で嬉しい。

午後は大物狙いで本流域へ移動。
春先ならサクラマスをやるようなポイントで一発狙いを目論む。
赤とんぼのような6番のスピナーを2Xリーダーに結んで釣り上がる。
瀬頭まで行ってからウエットで釣り下ったが、小物のアタリが何度かあっただけで待望の大物はHitせず。

その後イブニング狙いで隣の水系へ30分ほど掛けて移動。
プールには大物が見えていたが、何をやっても相手にしてくれず惨敗。
おそらくは毎日のように攻められているのだろう。

夜にHANDOSOME BOYオーナーのCさんとTさんに連絡を取り、明日の最終釣行で合流することになった。

blog09927s1.jpg
まるで北海道を思わせるような自然河川。
この川には30年近く前に叔父に連れて来られた。
その当時から何度か訪れてはいたが、あらためてこの川の素晴らしさを認識できたのは、一昨年に行った北海道の経験があるからなのだろう。

blog09927n1.jpg
小さいニジマスが#14のBWOスピナーで釣れた。
ヤマメもほとんどがこのサイズ。

blog09927t2.jpg
朝はTさんと一緒に入る。

blog09927t1.jpg
朝日を浴びながらのTさんのキャスト。

広い流れにはたくさんのポイントがあり、テンポよく釣りをしないと距離が稼げない。
長い瀬が続いたり、奥行きのあるプールがあり、キャスティングし放題のフライマン垂涎の渓流か。
釣果は15cmほどのヤマメしか釣れなかったが、キャスティングすることがとにかく楽しい渓流。

11時過ぎまでやって、上流域を釣っているCさんの元へ向かうことにする。
林道が川と離れたりくっついたりするものだから、Cさんを見つけるのに一苦労。
お昼過ぎにやっと発見。

blog09927c2.jpg
CさんにはTALISMAN SuperSeven7'7"#4/5を先日から貸し出し中で、この日もSuperSevenを使用。
釣果は僕らと同じく小ヤマメのオンパレードだったらしい。

blog09927c1.jpg
枝の張りだした小渓流の中を、自由自在にラインを操作するCさん。
SuperSevenを気に入っていただけたようで一安心。

その後に三人で集まりティータイム。
午後は最終日ということもあり、思い思いに竿を出すことにして、それぞれに思い思いの場所へと散らばった。

blog09927i1.jpg
9寸岩魚

blog09927y2.jpg
ヒカリっぽいヤマメ

blog09927y3.jpg
錆びたヤマメ

5時まで釣りをして今年の釣りは終了。

| 2009Fishing

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索