09.9.12~13釣行2009-09-14(Mon)

blog09913t.jpg
雨上がりの青空と稲穂
今週末も土日連休で泊まりがけの釣り。
各地で連日尺ヤマメが釣れていると聞こえてくる。
渓流もラストスパートなのでもう一踏ん張りしたいところ。

blog09912k1.jpg
初日は開けた本流域で過ごす。
良さそうなポイントには釣り人が陣取っているため、竿抜けを探して移動する。

blog09912y1.jpg
今日の初物。

blog09912y2.jpg
婚姻色が出ているヤマメ。

blog09912y3.jpg
こちらは黄色がかってる。

竿抜け区間でパタパタと釣れた。
午後2時頃までやったが、歩いた割に大物とは出会えず。
釣果は8寸平均で9匹。
支流に行くも、せせこましい小沢で竿を振る気にもならず、別な水系に移動する。
しかし久しぶりに行ったところ土地勘が狂い、うろうろしたあげく入渓できずにあきらめた。
この際、隣県まで行くことにした。
途中強雨が降り始め、夕方に期待していたが、もろくも期待が裏切られる。

それでも強風と雨の中30分ほどウエットを流してみるが魚信は感じることができなかった。

翌日はこの川で少し釣ることにして、近くに宿泊する。


翌日は7時前に川へ向かった。
目論んでいたポイントには既に先行者の車が停まっており、釣り仕度をしているところだった。
あきらめて下流域へ移動して、1時間程釣りをするが反応は無し。

早めに切り上げ別な川へ移動。
途中の沢が気になり、少しだけ覗いてみることにした。
数年前に何度か釣ったことがある沢だが、大雨の影響で藪が少なくなって釣りやすくなっていた。

blog09913y1.jpg
サイズこそ7寸程しか出なかったが、1km釣って5匹。

本命の川へ移動しようとすると、またしても強雨が降り始める。
本流は濁りが入り始めており不安がよぎる。
目的の川も少し濁りが入り始めており、葉っぱが流れ始めており、しかも雨足は激しい。
何とか釣りができそうではあったが、雨足の激しさから濁りがきつくなるのも時間の問題であろうから、あきらめることにした。

昨日から行うこと全てが裏目に出ているので、どんな選択をしても大差ないであろうと楽観的に考えることにして、山越えして見ることにした。

祈るような気持ちで川をのぞき込むと、水色はやはり少しだけ色づいていたが、釣りはできそうだ。
竿が振れるだけでもありがたいと思っていると、またしても強雨が降り始める。
少し様子を見るために車を止めて休憩する。
程なくして雨は上がったので、釣り仕度をして川へと降りる。
川の状況が読めないので、ドライとウエットに使えるTALISMAN Superseven7'7"#4/5を携えた。

川へ降り立ったのは1時だった。
流れは少し濁り、ドライにするかウエットにするか迷う。
とりあえずドライで、様子を見ることにした。

blog09913i1.jpg
幸先良く9寸岩魚が釣れる。
ひとまず安心。

blog09913y2.jpg
ヤマメも釣れる。

blog09913y3.jpg
魚は多くはないが、居れば反応はよい。
飽きない程度にヤマメとイワナが釣れてくる。



blog09913k1.jpg
少し増水して流真に泡の筋ができている淵への一投目。
#10のスペックルドセッジが着水して流れ始めると同時に、大きな黒い影がフライに向かって揺らめいた。
ゆらりと体をくねらせてフライをくわえ込む。
色具合からたぶん岩魚であろうと思ったが、流真で出たのでヤマメもあり得るかと少し期待して、慎重にやりとりをする。

blog09913i2.jpg
しばしの格闘の末、ネットに収まったのは、39cmのメス岩魚だった。

blog09913i3.jpg
TALISMAN SuperSeven7'7"#4/5と岩魚。
ロッドの追従性が良く、大岩魚のトルクフルなファイトにも安心。

blog09913i4.jpg
腹は白いが渓流育ちの岩魚。

blog09913i5.jpg
先程の岩魚がでかかったので小さく感じられるが、これでも尺近い。

blog09913y6.jpg
ここまでの釣果は10匹。
濁りがきつく感じられるようになってきた。

予定の退渓地点まで後100m程であろうが、途中のゴルジュ帯を越すのに、水中のスタンスが見えない可能性が考えられるので、無理せず引き返すことにした。

少し下ると灌木帯から上がれそうだったので、50m程を登って林道へと這い上がった。

5時前に車に到着し、この日は終了とした。

二日間で使ったフライはスペックルドセッジ#10を1本のみ。
全ての魚をこのフライで釣った。

| 2009Fishing

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索