08.6.29釣行2008-07-01(Tue)

今週末も日曜のみの休み。
日曜日帰りなので遠出はしたくない。
どこに行くか散々考えた末、本流から沢まで気ままに歩くことにした。
朝4時にサクラマスの着いていそうなポイントを1カ所攻めてみた。
ロッドはKS・SDパワースペイ8’6”#5/6。
0Xにダブルローウォーター#8。
スペイキャストで20m程を釣り下るがアタリ無し。一流しして移動。
この長さのロッドだと移動する際にロッドを繋いだまま車に積み込めるので重宝する。
次はその川の上流部の、開けた本流をダウンクロスのウエット。
2Xリーダーに#4グレートセッジ&#8グリズリーキング。
尺ヤマメ狙いのつもりだが釣れるのは新子ヤマメばかり。

blog08629i.jpg
リードフライのグリズリーキング#8にようやく釣れた8寸イワナ。本流の割には小さいが・・。
大場所を5カ所程回り、時間も11時を過ぎたのでそろそろ渓流に向かう。

blog08629k.jpg
今日は開けた渓流を釣ってみたくなった。

ロッドはKS・ACハイランダー8’3”#3を数年ぶりに使う。
ここしばらくドライフライの釣りはバンブーロッドばかりだったので、KenSawadaロッドをあらためて使ってみたらどんな感触か感じてみたくなったのだ。

激戦区で、しかもフライマンも多く訪れる渓流である。この渓に来るのは数年ぶりだ。
どの辺にはいるか考えながら川沿いを進むと、原っぱでランチを摂る釣り人達を見掛けた。日曜の昼時だから当然であろう。
こんな時間に、のこのこと川に入る方がおかしいのかもしれない。

人の入りずらそうなところから藪を漕いで川に着くと、すぐ目の前に釣り人に姿が二人・・
一端車道に戻り、下流へ500m程下がってから釣り上がることにした。

適当に目星を付けて藪をかき分け川へ降り立つとボサの被った淵に出た。
間違いなく魚が出るだろうと踏んだのだが魚の反応はなかった。

対岸へ渡ると砂地の上にハッキリとした足跡が残されていた。当然と言えば当然のこと。
釣り残しが出てくれれば良い。

久しぶりのハイランダーはしなやかに感じた。
初めて振ったときは早くて固い印象だったのだが。
きっとその頃よりもフォルスキャストのラインを長く出せるようになったからなのだろう。
フォルスキャストが気持ちよく、15m~20m程先のポイントを意図も簡単に狙うことが出来る。
ラインスピードは速くならず、狙ったところへ慎重にプレゼンテーションが出来る。
3番ラインでも大川のドライフライフィッシングに全く不安を感じさせない。

先行者が居たため、フライは控えめにジャシッドの#12に、KSスーパードライリーダー4Xを直結。
水深のあるプールで、ロッドのアクションを確かめながらロングキャストを繰り返しているとヤマメが反応した。
blog08629y2.jpg
水量のある川のヤマメは体高もあり本流色が濃い。

blog08629i2.jpg
このイワナも淵のど真ん中でフライを吸い込んだ。

車を止めた場所まで約500mを釣って、5匹出して3匹キャッチ。
一端川から上がり上流部へ移動。

上流部も先行者の足跡が残り、しかも魚の反応はシビア。少しやって諦め、場所移動する。

次は以前から気になっていた沢を見に行くことにした。
車で上流部まで入ってみたが、竿を出す気が起こらないまま終点になった。
山越えして次の沢を目指す。
この沢の中流部では以前竿を出したことがあったが、今日は更に上流まで足を運んでみた。
水量の乏しい小渓流だったが、試し釣りをしてみる。
30分ほど竿を出し、2匹反応しただけだった。
時間もないので山越えして分水嶺を越えることにした。
ところが山頂付近から霧が掛かり、夕方狙っていた川へ着いても霧。
時間は5時なのだが、期待できそうにないので早上がりすることにした。

| 2008Fishing

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索