Mind Caster2008-04-11(Fri)

フライキャスティングは奥が深い。
ボクの場合キャスティングが頭から離れたことは一日もないだろう。
竿を持たずしても、車で移動中やら、寝る前やら、暇があればいろいろとイメージしている。
さしずめマインドアングラーならぬマインドキャスターだ。

キャスティングのビデオや本を見ても、解説はしてあるが、感覚的なところについてはなかなか伝わってこない。
キャスティングの動作では力の入れ方、タイミング、筋肉の動かし方など様々な一連の動作が重要だ。映像では間違って理解してしまうこともあり得る。
文章でも口頭でも正しく理解してもらうように説明するには限界がある。
だから同じ動作を説明するのに、人によって表現方法や説明の仕方が違うことがある。
ボクもキャスティングを始めたばかりの時に、この状態に直面した。
どちらが正しいのか戸惑ってしまいがちである。
今となっては、あの時何を言わんとしていたのか判ることも多い。結果的にはどちらも正しかったりするのだが、それが判るにはある程度のレベルにならないと判らないことも多い。

一般的な技術の方であれば、説明された事と全く同じ動作を行うことは非常に困難である。微妙なズレで全くダメなキャスティングになってしまうことも多い。
キャスティングは、体の動かし方を頭で覚えても、体がその通り動かせるかというと、そうは行かないものである。

ボクは秋田の池田浩悦氏からキャスティングを習ったのだが、池田さんの教え方は、「まず体に覚えさせる」練習方法であった。
もちろん竿の正しい動作も説明してくれるが、必要最小限であった。
そのほうが難しく考えないでキャスティングできる。
理屈は抜きでも、手っ取り早くキャスティングの動作を覚えることができるのだ。
それから理論を当てはめてみても遅くはない。
そのほうがずっと早く、正しい動作の基本と理論共に理解できるはずだ。

昨年から池田さんの元でキャスティングに励んでいる方が二人いる。
上達の進歩は著しいようだ。
おそらくは自己流でやってきた人よりも、ロッドの曲げ方を体得しているはずだ。
軽い番手のロッドでの練習や楽に振っているキャスティング練習では、そこまで到達することは出来ないだろう。

キャスティング練習は、あくまでも練習であるべきなので、釣りでは実際に必要としないところまで行うこともある。
野球選手が重いマスコットバットを振ったり、剣士が竹刀の千本振りをやったりするのと同じことである。

そういったことをすると見えてくるものがきっとあるはずだ。
千本振る必要は無いかもしれないが、せめて100本くらいは振れるように頑張ってみると、疲れ切って腕に力が入らない状態でもラインを延ばせることがわかるはずだ。
竿の曲げ方が判ると、力は余り必要としないでキャスティングができるようになる。
ダッシュで振る練習は、パワーゾーンを小さくできるようになる。
頭で考えて、パワーゾーンを小さくしようと思っても同じレベルに到達するには時間が掛かるだろう。もしかすると問題なく出来ていると錯覚したままになって終わるかもしれない。
やみくもに力任せで振ると変な癖が着くとおっしゃる方もおりますが、仮についたとしても、キャスティングに重要なポイントは身につけているはずです。
キャスティングの練習方法については様々なやり方があるでしょう。
私がやってきたような練習方法は一般的ではないかもしれませんが、キャスティングの正しい基本動作を覚えるためにこのような練習方法もあるということです。
基本が判り、筋力が着けば、ライン番手の違いやロッドアクションによる違いがあっても、竿の曲げ方に合わせた体の使い方も調整できるようになってきます。
低番手のスローアクションと高番手のファストアクションを全て同じ動作で行おうとすると窮屈だったり、スムーズでなかったりしてきます。
実は、体の動かし方に固定観念を持つ方の落とし穴なのです。
体の使い方を変えた方が、より理想的なロッドの曲げ方を行うことが出来る場合もあります。
より無駄のない正確な竿の曲げ方を行うために、どのように体を動かすかが重要になるのです。

基本動作を覚え、キャスティングに必要な筋力が着けば、釣りで困るようなことは少なくなるでしょう。
あくまでも練習は釣りのためです。自分の限界を高めておいて損はしないはずです。
フライマンらしくあるためにキャスティングは避けて通れません。
ラインを自由に伸ばして釣りができればフライマンとして本望でしょう。

Comments(4) | Casting

Comment

きょんさん、ホントに今日は楽しかったです。
初対面でしたが、同じ趣味って言うだけですぐにうち解け会えるなんてありがたいことです。

何が楽しかったのか考えてみるといっぱいあります。
TALISMAN RODで釣りをしてもらったこと。
それで魚が釣れたこと。
久しぶりの秋田の渓
春の陽気。
魚に会えたこと。
一番はきょんさんと会えたこと(照
久しぶりに充実した一日でした。

最後のオチは、なんとなく予感がしてましたが、ホントに的中するなんて驚きでした!!
釣りしていると第六感が磨かれるのでしょうか?
今年は40ヤマメ釣れそうな気がしてきました(笑

Angeliteは思う存分使ってください。
尺物釣るまで返さなくて良いですよ!(なんてね)
気が済むまで釣ってください!

またご一緒しましょう。

2008-04-13 23:12 | URL | ナルミゴウ [ 編集]

 今日は 大変に お疲れ様でした(笑)

又 色々 ご指南して頂き 多謝三昧でした。
今後も ご一緒な釣行を お願いです。

最後の最後の「オチ♪」にはビックリでしたワン。

して~お借りした「ロッド」はいつ頃 返せば よろしいでしょうか(^^ゞ

2008-04-13 21:17 | URL | きょん(^^ゞ [ 編集]

HIDEさん、はじめまして!
お越し頂きありがとうございます。
ボクもHIDEさんのBlog拝見させていただいておりました。
HIDEさんも良き師匠をお持ちのようで良かったですね。
キャスティングもかなりの腕前のようですね。
さすが栃木県は有名な「マインドアングラー」を輩出している地だなと感じております。
大ヤマメの川もあるようですし、釣り場もたくさんあるようで、良き環境に恵まれているように思います。

ボクの方はまだまだ未熟でいたらない点も多いですが幸いと、良き出会い恵まれているような気がしています。
フライを通じ、またこうしてBlogを通じていろんな方と知り合えた事に感謝しています。

こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

2008-04-12 06:31 | URL | ナルミゴウ [ 編集]

ナルミさん、はじめまして。
前々から覗いておりましたが、今回たまらずライズしてしまいました(笑)

キャスティングの教え方、人それぞれ千差万別、教える方と教わる方の意志疎通。

色々と難しいですね!
だから楽しい(^-^)

こちら栃木県ではキャス練しているのは少数派。
釣り堀で足下の魚だけ釣っている人のなんて多いことか(´Д`)

自分もまだまだなんですけど(汗)

腕はともかく、志だけでも高くありたい。
精進します。

2008-04-12 00:46 | URL | HIDE [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索