08.3.22釣行2008-03-22(Sat)

良い天気が続いている。今日も晴れで気温も上がりそうな予報。
山の雪の量と雪代が気になる。
川には10時に到着した。今年は林道脇の雪の量が少ない。
毎年恒例の御神酒を川に流す。

逸る気持ちを抑え釣り仕度をする。
アクリルシャツにウールのセーターだけで大丈夫そうだ。
気温は7~8度はありそうなので、この時間帯でもドライに出るかもしれない。
TALISMAN Superseven7’7”#4/5にSUSSEXハニカムゴールドの45にWF-4Fをセットする。
5Xのスーパードライリーダーに#14のスペントバジャーを結ぶ。
今年もドライの初物が釣れるだろうか?

残雪の斜面を滑り降りる。
流れは水量が若干多いようで、ドライにはちょっと厳しそうだ。
しかし天気がよいので、陽気に浮かれたヤマメが飛び出てくれることを祈る。
今期初のドライフライフィッシングが始まった。

blog08322k.jpg

しかし緩い流れの深みからは全く反応がない。
やはりまだ早いようだ。ウエットフライに切り替える事にした。
アイスフローティング#5が巻いてあるハニカム56リールに変えた。
4Xのリーダーにドロッパー#10ロイヤルコーチマン、リードフライに#14シルバーサルタンを選ぶ。

岸際の巻き返しで三度ヤマメが反応したがフライには掛からなかった。
水深のあるポイントの流れ込みからフライを深く沈めるとようやく初あたり。
グングンというヤマメ特有のローリングに、水中で銀色が反射する。

blog08322y1.jpg


正午になり、ドライでも行けそうな気がする。もう一度ドライでチャレンジしてみることにした。
しかし絶好のプールからは反応がない。
やはり水量が多すぎるためだろう。
一度車に戻りおにぎりを一つ食べる。

下流に戻りもう少しドライをやってみるがやはり反応がない。
水量も増えている。
ドライはあきらめることにした。

ウエットにセットし直し、深みを狙う。
フライが沈みきったところでゴンゴンゴンとアタリが伝わってきた。
先程のよりもサイズが良さそうだ。
口先にかろうじて#14のシルバーサルタンが引っかかっている。

blog08322y5.jpg


運良くキャッチできた。

blog08322y3.jpg


時間も2時半になり、更に下流へ移動してみることにした。
水量も多く、淵の巻き返しも流れが速い。
小さい葉っぱなどのゴミも流れている。
ウエットを丁寧に流し込んでもアタリが伝わってこない。
ダウンで流して二度ほどアタリがあったが乗らなかった。

水量が多くポイントが潰れているのであきらめる事にした。
4時前なので少し早い気もするが退渓することにした。

Comments(0) | 2008Fishing

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索