ティップの抜き2008-02-15(Fri)

blogdh.jpg
SS1712Dでのボクのシュートの写真です。遠投するためにはロッドティップの返しが重要。ロッドティップが高い位置で、前方に抜いてやれば良い。

この「抜き」が上手くできないと、ロッドティップは前方ではなく下側へ動いてしまい、ループは広くなり、しかもラインの飛行高度は低くなってしまう。

ダブルハンドのシューティングもシングルハンドのプレゼンテーションも、ラインの飛行高度が高い方が釣りには有効である。
かといって上へ向かってシュートするのではなく、高い位置で水平、もしくは近距離の場合は高いところから斜め下方に向けてにベリーの張ったラインを投げる必要がある。

「前方への抜き」の為に重要な動作は、ダブルハンドでは左手の引きつけであり、シングルハンドでは早いリストダウンである。

復元の早いロッドほどロッドティップが早く返るため高い位置で行いやすく、バンブーロッドのような復元の遅いロッドでは難しくなる。

Comments(2) | Trackback(0) | Casting

Comment

きょんさん、どうもです。

今の練習を続けていればおそらく、最短で体得できるはずです。良かったですね(笑

もしかしたらもう既に出来ているかもしれませんねー。

2008-02-15 22:00 | URL | ナルミゴウ [ 編集]

 了解し鱒たん(^^ゞ・・・

肝に 銘じて オイラも「精進♪」あるのみですバイ^^

2008-02-15 21:35 | URL | きょん^^; [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/405-afd9a6e3

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索