千本振り達成!2008-01-03(Thu)

昼飯を終えてから再び竿が振りたくなった。昼練の癖が体に染みついているのだろうか。
そういえば今期はまだ千本振りをしていない。
病み上がりだが今日は出来そうな気がする。今日の目標はとりあえず1000本達成することに決めた。
マキシマで#10ラインではちょっと心配なので、ARトリスタンでやることにした。
ラインはWF-8Fで17mのフォルスキャスト。

blog0813.jpg
ARトリスタンと100回に1個マークする足跡が10個。

1時15分ちょうどに開始。
最初の100本で腕が疲れてきた。普段練習していないので鈍っているようだ。先が心配だぞ。
200本を過ぎた辺りでロッドハンドを高くキープできなくなり、顔の横で振るようにした。ストロークも少し広くした。
400本振り続けられたので、もう良いかなという思いがよぎる。でも目標の千本を達成させたいので気合いを入れ直す。足許の雪が溶けて固まり足許が滑る。
500本までなんとかきたが、まだ倍やらなければならない。ガンバ!
600本を過ぎた辺りで腕の力が抜け、スラックの全く入らない綺麗なループが多くなってきた。
800本まで来るとあとはゴールが見える。余程の強風などがなければ達成できそうだ。
9個目の足跡を雪の上に押しつける。ラスト100本なので、気合いを入れて顔の前でショートストロークにして振る。10本も振ると筋力が持たなくなるのでストロークを取って楽をする。
最後の10本はもう一度気合いを入れなおし、ラインスピードを上げて千本を振り終えた。
所要タイムは36分10秒。
やったー!自分にご苦労さん。

最小限の力で竿に働いてもらうことが、シャルル・リッツの求めていたことのひとつであったろう。
千本振りは腕力だけでは達成できない。
腕に力が入らない状態でもラインを空中にキープするには、少しの力で竿に働いてもらうしかない。
竿の曲げ方であったりホールのタイミングであったり、千本振りから教えられることはたくさんある。
久しぶりの長時間の竿振りにも関わらず今日はマメが全く出来なかった。
ダッシュで振る練習をすればすぐにマメが出来るのだけれど、千本振りはダッシュのキャス練とは違う部分が鍛えられるのだろう。

竿振りだけでなく剣道や野球の世界などいろんな方面で千本振りなる試練があるようです。
ボクにとってのキャスティング練習は「キャスティング道」なのかもしれません。
ボクにとっては千本振りは大変なことですが、世の中にはそれ以上を平気でこなす人がいる。
道を極めるには一生掛かっても無理なのかもしれませんが、だから楽しいのだろうと思っております。

おまけ↓わざわざ見るほどのものではないです(笑い
千本振りを終えた後、疲れ切った状態でどのようにロッドを振っているか気になったので動画撮影することにした。
三脚を取りに車に戻りデジカメをセットし終えるまで約5分くらいしか経っていないと思う。
当然腕の疲労は残っている。
ラインは15ydくらいで振ってみた。超ショートリーダーなのでパチパチとチックしております。

http://video.fc2.com/content.php?kobj_up_id=20080103fhqEhtHP

こちらはその後に3回フルラインシュートを撮影。25mラインなのであっという間にフルライン出ちゃいます。
http://video.fc2.com/content.php?kobj_up_id=20080103hacgg0Uu

Comments(0) | Trackback(0) | Casting

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/380-65e0eee1

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索