FC2ブログ

バックハンドキャスト2007-12-09(Sun)

TALISMAN Superseven7’7”#4/5を使い、15mのラインをバックハンドでのフォルスキャスト。

07.11.23 89
バックハンドのスタート。ラインが長いのでロッドはセミサイドで、ラインスピードも比較的早めにしている。

07.11.23101.jpg
バックのポーズ。

07.11.23 84
早めのラインスピードでフォワードキャストをしているため、ラインは比較的高めを水平に移動している。

07.11.23 91
ラインスピードを落とし振り子状にすると水平のループで伸びていく。

逆サイドのサイドキャストがバックハンドキャスト。
5m位なら誰でもできるかもしれないが、たまに見掛けるのは首の前で振る「アイーン」投法。
さすがにこれでは距離を伸ばすには限界がある。

基本は縦振りと同じであるが、バックハンドでロッドを真っ直ぐ振ることは難しい。
右手の位置は額の前から頭の上に来るので、肘は常に高い位置にキープされることになる。
ロッドティップをセミサイドに傾ける程度から、完全に水平まで倒すことも出来る。
バックハンドキャストでロングレンジのシュートまでできるようになると、釣り場で困ることはなくなる。

バックキャストのラインを高くすると投げやすくなるが、低く伸ばせるようになると木の被った小渓流でも釣りができる。
渓流での釣りでとても有効な技術であるが、使いこなせる人はごく僅かな人に限られる。

Comments(2) | Trackback(0) | Casting

Comment

bokukotanさん、おはようございます。
bokukotanさんが得意な本流のシングルハンドパワーウエットでは、セミサイドのバックハンドキャストが出来ないと釣りになりませんものね。

基本は縦振りをショートストロークで出来ているかだと思うのですが、これが出来ても川ではなかなか一筋縄ではいかないことの方が多いものです。
ボクがマキシマでフルラインを投げられるようになってから、最初の師であるマインドアングラーFT氏と渓流に行ったときに初めてその事を実感しました。

サイドやバックでのキャスティングは川で行うことにより、ラインの高度を変えたりループを調整したり、いろんな事が実戦で行われます。
「場数を踏む事」。これが大きいですね。
ボクは原っぱでのサイドキャストはたまにやる程度なんですよ。

ダブルハンドのキャスティングですか?
原っぱではダブルハンドの練習はほとんどしないので川で練習です(笑

2007-12-10 07:48 | URL | ナルミゴウ [ 編集]

確かにバックハンドキャストが出来るということは色々な釣場に対応できますね。
私も一時期バックハンドを徹底的に練習したことがあります。
理由は右からの風に対応するためです。
一応出来るようになってからは風のある日も苦にならなくなりました。
バックハンドの習得は釣場の状況、天候に対応でき、自身の安全にも役立つ。是非、身に着けたいキャスティングですね。
シングルのキャスティングが一段落したらダブルのほうも写真で拝見したいですね。

2007-12-09 22:20 | URL | bokukotan [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/362-ec86a304

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 go.narumi.All Rights Reserved

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索