生徒と弟子2007-12-07(Fri)

今日は民謡のプロ歌手と飲んでいた。
そこで生徒と弟子の違いの話になった。
生徒と先生の間には授業料が発生するが、弟子と師匠の間にはそういったものが無い。
先生は授業料を貰うので手取り足取り技術を教えるのだが、師弟関係ではあえてそこまでのことはしないようだ。
師弟関係とは金品で成立しない何かがある。

ボクのフライフィッシングに当てはめて考えてみた。
沢田賢一郎→池田浩悦→鳴海剛という師弟関係になる。
これって自分にとっては名誉ある事です。

Comments(2) | Trackback(0) | 徒然

Comment

mimixさん、どおもです。

「仲間」ですか!良い言葉です。
同じ道を歩めばこそ出る言葉なのでしょう。
良い師匠をお持ちで良かったですね。
ボクもそうですが、出会いが無ければ全く別のフライマンになっていたことでしょう。
良き出会いで本当に良かったと思います。

2007-12-07 18:45 | URL | ナルミゴウ [ 編集]

まったくその通りですね( ´ー`)!
確かに自分にも師匠はいますけど先生はいませんよ

大師匠→師匠→自分って、ご存知の通り名前は出せないんですけどネm(_ _)m
ただ、うちの師匠は自分のことを「弟子」でなく「仲間」といってくれてます
これは自分にとって大切なものです

2007-12-07 07:21 | URL | mimix [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/360-7a80563b

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索