深瀬信夫作「マタギ」2007-11-12(Mon)

blogmatagi1.jpg
深瀬信夫作「マタギ7寸」。日立の青紙2号という鋼材を使用している。

つり人社から1985年に「渓流’85」という本が発行された。
並の釣り人では入渓できないような秘渓を、沢登りのエキスパートが釣行する記事はとても斬新であった。
その中に東京マタギと呼ばれている深瀬信夫氏の記事があった。
ザイルを使い懸垂下降やゴルジュの中を泳いで突破するなど、釣りの世界では想像のつかないことをしていた。大物が釣れる事に憧れた。その中でイワナを捌くのに剣のように先の尖った刃物を使っていた。
これが深瀬氏が自作している「マタギ」という鉈であった。

ボクはこれに一目惚れしてしまった。
思案した結果購入しようと決意し、深瀬氏に連絡を取った。
深瀬氏の自宅へ出向き現物を見てオーダーを入れた。

深瀬さんは梁山泊という沢登りのエキスパート集団の会を結成していた。深瀬さんは沢登りの素晴らしさをボクに話して聞かせてくれ、梁山泊入会も勧めてくれた。
沢登りの会に入れば山彦渓流会の先輩達から聞いていた険峡を釣行出きるようになるだろうと思った。
当時のボクは大物への憧れが強く、沢登りの楽しさよりも大物との出会いを求めたくて梁山泊へ入会したのだった。

blogmatagi2.jpg
鞘は秋田の西根打刃物製作所で購入した。飾りに籐を巻き、本漆を掛けて仕上げてある。また、鉈が逆さまになっても落ちないように紐で止まるようにしている。

このマタギは藪こぎからキャンプまで万能にこなすというふれこみであった。ボクは藪こぎで鉈のお世話になるような場所へは行っていないので主にテン場での作業に活躍した。
腕くらいの太さの木でも一刀の元切断できる。
7寸でも重量があるため、鉈として使うのには使いやすい。
この重量は頼りがいがある反面、携行する際に重さがデメリットとなる。

この鉈はサクラマスやブリなどの大きな魚を捌くのにも使いやすい。
これ一本で解体から刺身までこなせる。
硬い鋼を使っているため頭を割ったり背骨を断っても刃こぼれせず切れ味も落ちない。

blognata.jpg
マタギとナガサ二本。それぞれに得意な分野があるため、状況によって使い分ける事にしよう。

Comments(0) | Trackback(0) | 持ち物

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/339-a9e1dc09

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索