07.9.16釣行2007-09-18(Tue)

今日の夕方は結婚式に出席しなければならない。
昼過ぎまでなら時間が取れるので、青森県内の渓流に出かけた。
今日は降ったり止んだりの雨模様の天気である。

過去にも結婚式の前に釣りに出かけたことが何度かあった。
この日は今日と同じような雨模様で、尺二寸イワナを二本釣ったことを思い出した。
他にも、若かりし頃の話だが友人と二人で「なるちゃん、時間があるからooo渓に行こうぜ。間に合うように帰ればいいからさ」とそそのかされ、奥多摩の山奥に入った。ザイルを持って入るような渓で、結局山奥から戻れなくてすっぽかしたことがあった。
実はこの話にはまだ続きがあって、実は当の新郎本人も釣りに出かけていて、遅刻したことを知った。
釣り人ってなんと愚かなのだろう。全てではないのでしょうが・・・

という苦い経験もあり、今日はそんな失敗はしないようにしようと思っていた。

渓へ着いたのは9時近くであった。

BLOG07.9.16SS.jpg
ドライフライの釣りをするつもりだが、ウエットに変更することも考えTALISMAN Superseven7'7"#4/5を選択した。

入ってすぐの良いポイントに期待したが、全く反応がない。
その後に続く良いポイントを幾つも攻めるが反応が無く、ちょっとがっかりだ。
30分ほどやっても全く反応がないので、「ボーズ」の危険が頭をよぎった。

小一時間ほど経ってからの事だ。絶好の淵へのプレゼンテーションにヤマメがフライを追った。しかしフッキングさせられずますます焦る。

しかしそこを過ぎてからはヤマメが反応するようになった。
そうはいっても竿抜けポイントからかろうじて反応する感じなので、前日に攻められたのだろう。

blog07.9.16yamame1.jpg
やっと釣れた今日の初物。ボーズ回避で一安心。

BLOG07.9.16YAMAME2.jpg
婚姻色鮮やかなヤマメ。釣れたときは婚姻色の出たウグイと見間違うほどの鮮やかなオレンジが印象的だった。

BLOG07.9.16IWANA1.jpg
イワナも釣れた。

タイムリミットが近づくにつれて良いポイントが続く。きりの良いところでやめようと思いながらも、次のポイントに足が向いてしまうので困ったものだ。
最後のポイントは絶好の淵で、流れ込みへの第一頭が流れ込みの流芯から少しそれて流れの緩いところへフライが落ちた。
リーダーシステムが14ft程なので、ここに落ちれば白泡の切れ目付近でドラッグが掛かる。
まずいなと思った矢先に、泡の切れ目からフライが流れてこないのにいらだったように9寸クラスのヤマメが反応した。
アワせてはみたものの案の定フッキングしなかった。

名残惜しいが、結婚式に遅れるわけにも行かず退渓することにした。
約2kmを釣り上がってこの日は4匹で終了。

急ぎ足で林道を戻った。

もちろん結婚式には間に合いました。

Comments(0) | Trackback(0) | 2007Fishing

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/301-888eafd3

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索