FC2ブログ

07.7.22釣行2007-07-22(Sun)

今日は朝起きるのが遅かったため、近場を探索することにした。
餌釣り時代に良く通った里川なのだが、ここのヤマメは砲弾ヤマメなのだ。
しかし近頃は魚が薄くなったとのことだった。

現地には8時半頃に着いた。
この川をホームグラウンドにしている餌釣りの友人に電話をしてみた。
川にいると思っていたら、彼もまだ家にいるらしい。
川の状況を伝えるとこれから向かうと言った。

それまで、昔通ったポイントをあちらこちらと見て回った。

目論んでいたポイントはどこも先行者がいた。
ルアーマンが多い。
両岸がほとんど護岸されており、押しの強い流れなので、フライには難しい。
ヒューズを巻いたニンフを使えば良いのだろうが、ウエットに拘る。

昼前に餌釣りの友人と合流した。
彼とは餌釣で良く一緒に歩いたものだ。
1時間ほどだったが、一緒に釣りをした。

blog07.7.22.jpg


今日はドピーカンの真夏日で、開けた本流を釣っていると熱くて参ってしまう。
昼に止めて、ボクは上流の沢筋へ避難することにして別れた。
この川の上流部は、かなり前に餌釣りで入ったことがあった。
その時は小岩魚が入れ食いで釣れた記憶がある。
木の生い茂った浅い流れなので、フライで大物が釣れそうだと踏んでいた。

森の中の流れは木陰に覆われており、涼しかった。
思っていた以上に枝が張りだしていて、7'1"のロッドではまだ長い。

淵と瀬が交互に現れ期待できそうなのだが、何故か岩魚の反応が無い。
浅い瀬じりからたまに5~6寸の岩魚がでる程度だ。
1時間半ほどやってみたが、魚も薄いしサイズも望めそうにない気がして川から上がることにした。
別の川に移動も考えたが、昼寝をしてイブニングに備えることにした。

4時頃に起き再び下流域へと戻る。
とりあえずドライフライで釣り上がってみた。
ここも釣れてくるのは6寸ほどの岩魚。
押しの強い流れを渡渉して釣り上がるが、木が倒れこんでいたりして悪戦苦闘。
その割に大物がでない。

頃合いを見てイブニングの本命ポイントへ移動した。

ロッドはサワダのSFメジャーを使うことにした。
フライは#4のグレートセッジと#6のバスタードブラック。
200m程の区間をダウンで釣り下る。

7時45分まで釣ったが、フッキングしないアタリが5回ほどあっただけ。
残念ながら砲弾ヤマメには会えなかった。

帰りは30分少で帰宅。
今日一日の走行距離は120km。
いつもの片道分の距離で往復できるのだからありがたい。

今日の川は、大物も狙える川なのだから遠くまで行く必要もないのだけれどこの川ではあまり釣りをしていない。
森の中の渓流で釣りをするほうが好きだからなのだろう。

それにしても今日は写真を撮るサイズの魚が1匹も釣れなかったのが残念だ。

Comments(0) | Trackback(0) | 2007Fishing

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/269-3a203db6

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 go.narumi.All Rights Reserved

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索