2007.7.7釣行2007-07-10(Tue)

今日は愛知と静岡から、秋田の池田さんを頼って釣りに来られているKさんとAさんに会うのが目的だ。
Kさんとは、ここ何年かこの時期に毎年釣りをご一緒させていただいていて顔なじみだ。
Kさんは池田さんと毎年何年も一緒に釣りをしているので、釣りのスタイルは池田流がすっかりと板に付いている。
秋田通いが長いのでボクよりも良いポイントを知っているようだ。

早朝に待ち合わせ場所で一年ぶりにKさんと再開した。
Aさんとは初対面である。
早々に挨拶をすませ、釣りの支度に取りかかる。

お二人とも水曜日から来られており、今日が最終日である。
最終日にドンと一発出て欲しいところだが、生憎と水量は平水に戻っている。

増水後ということもあり目的の川には先行者が入っていた。
二人一組で二手に分かれて釣りをすることにした。
ボクはAさんと釣ることになり、Kさんは池田さんと別のポイントへ向かった。

Aさんはペゾンの竿がお気に入りのようで、今回もペゾンを二本準備してきたようだ。
まず最初に、AさんにはTALISMAN ROD のAngelite7’1”を使ってもらい、ボクがAさんのペゾンロイヤル6’10”を使わせてもらうことにした。

Aさんと会うのも初めてなのだから一緒に釣りをするのはもちろん初めてである。
Aさんと前日一緒に釣りをした池田さんからは「なかなか上手ですよ」と聞いていたが、渓に降りてロッドを振り始めたところ確かに上手い!
キャスティングは愛知の平岩さん直伝らしいので、雰囲気も似ている。
ラインをしっかりと張ってゆったりとしたリズムで竿を振る。

東北の渓流は両岸に木々が迫って河原があまりないので、縦に竿を振ることは難しい。
Aさんは東北の渓は今回が初めてだと言うことだったが、サイドキャストも上手にこなす。
Kさんとも一緒に釣りをしているようなので、普段からサイドキャストやバックハンドキャストも駆使しているようだ。

蜘蛛の巣が至る所に張り巡らされているので、前日は釣り人が入っていないようだ。
しかし魚のサイズは小物が多いようで、しかも反応がシビアである。ここも釣り人に相当苛められているらしい。

blog07.7.7yamame1.jpg
暗いポイントから出た地味な色のヤマメ。
それにしても蜘蛛の巣の大変な時期になった。
結び立てのフライが立て続けに3本消えた。
キャストの際の張力あるループが蜘蛛の巣にぶつかると意図も簡単に切れるようだ。
良いポイントに限ってこんな目に遭うものだから困ったものだ。
ティペットが切れないにしても蜘蛛の糸がリーダーやラインに絡みつき、団子になってしまう。
頃合いを見計らってリーダークリッパーを使って千切って取るのだが、取れているうちは良いが、ティペットに変な風に絡みつきぐちゃぐちゃになってしまうと手がつけられない。

あまりにも酷いと精神的に参ってくるのだが、集中力が欠けてくるとミスも多くなり、ますますイライラが募ってくる。

幸いと魚は小さいながらも反応してくれるので、期待感があるためまだ集中力は保っていられた。

blog07.7.7yamame2.jpg
このサイズがアベレージ。

少しましなヤマメが掛かったと思い寄せてみてビックリ。
岩魚とヤマメのハーフであった。
引きはヤマメそっくりだったし、顔つきもヤマメだ。
毎年一度はお目に掛かるが、サイズは6寸ほどのものしかお目に掛かったことがなかった。
ところが今日のは8寸程である。
独特の模様は綺麗とは言えないが、神秘的な感じがする。

blog07.7.7iwame2.jpg


blog07.7.7iwame1.jpg


9寸サイズが出ないのが寂しいと思っていたところ、Aさんに待望の26cmヤマメが釣れた。

blog07.7.7a2.jpg


それから程なくして退渓場所に着き、本日の釣りは終了となった。

AさんにTALISMAN Angeliteの感想を聞くと、とても振りやすいとのことで気に入っていただいたようで安心した。

初めての東北の渓流で苦戦したようだが、次第に慣れてきた様子を見るとセンスの良さを感じる。
やはりキャスティング技術がしっかりと身についている人は上達が早いようだ。

Comments(2) | Trackback(0) | 2007Fishing

Comment

ハ~イ、チャーリー!どうもです。
あのサイズしか出ないと満足できません。
贅沢かもしれませんが、そんな体にしたのは誰でしょう?
彼らに出会わなければ・・・
今のボクはありません。

来年は2週間滞在ですか?良いかも。
OFFシーズンに一年分の仕事をすればシーズン中は実釣テストに励むことが出来ますね!

そんな予定で行きましょう。

2007-07-11 20:49 | URL | ぷろぱがたー [ 編集]

なんか楽しそうですね~~!
それに何やかんや言ってもそれなりに釣れたみたいだし・・  Aさんもご満悦で帰られた事でしょう。

来年は2週間ほど滞在してやろうかしら??
その時はよろしくです(笑)

いまだ不自由な生活を強いられているチャーリーより!

2007-07-11 15:12 | URL | チャーリー [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/263-3a36f081

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索