FC2ブログ

07.6.24釣行2007-06-26(Tue)

木曜に雨が降り、北東北各地の川はかなり増水した。
ラストチャンスのサクラも狙いたかったが、日曜は水量が落ちてしまいサクラはやめにした。
土曜の夕方に渓流用の道具だけ車に積み込んだ。
さて、何処に行くかだ。条件的に何処が良いか過去の経験をもとに考える。
土曜日にはすでにやられている可能性が多いので、土曜に人の入れなかったような川を狙えばよいだろう。場所は決まった。

目的地の傍に澄むS氏にも声を掛けてみた。
同行したいとのことで一緒に釣りをすることになった。
S氏は本流のダブルハンドのフライマンで、渓流は全く経験がない。
6月始めに一度だけ渓流を歩いたことがあるだけで、シングルハンドは振ったことがない。
登山は経験があるようなので、渓流歩きは問題ないようだ。
ロッドはボクのTALISMAN Superseven7'7"を貸すことにした。
ボクの方は、久しぶりにペゾンのスーパーマーベルMk2を使うことにした。

渓は予想と反してすっかりと平水になっていた。

Sさんにリーダーとフライをセットして、キャスティングの手ほどきをしてから自分の仕掛けをセットした。
その間にSさんはウエットフライキャストでフライをプレゼンテーションする練習をしてもらった。
ダブルハンドの経験者だけあって飲み込みが早い。

とりあえずはボクの釣りを見ていてもらい、開けてキャスティングのし易い場所で挑戦してもらうことにした。

先行者が無いのにもかかわらず魚の反応が悪い。
踏み跡もしっかりと出来ているので、多くの釣り人が入渓しているようだ。

Sさんにポイントの見方や立つ場所などを教えて、さっそくやってみてもらう。
5m位の距離はフライを落とすことができるからすでに釣りになる。
Sさんが流した場所で、ロッドを借りてこんな感じでやると良いんだよと手本を見せたところで一発でヤマメが出た。

blog07.6.24yamame.jpg
Sさんの初物にならなかったヤマメ。竿はTALISMAN ROD Superseven7'7"

今日は魚の出がかなり渋く、こんな状況では初物を手にすることは非常に難しそうだ。
しかしSさんは初めてのドライフライフィッシングがとても楽しいようだ。

blog07.6.24s.jpg
Sさんの後ろ姿。初めてフライロッドを振る姿には見えない。

難しいポイントは全てボクが釣ることになる。
攻めきれないようなポイントで尺と尺一寸ほどのヤマメを釣り損なった。
尺一寸はゆっくりと水面に浮上し、完璧にフライを捕らえたのだがすっぽ抜けてしまった。

blog07.6.24yamame2.jpg
久しぶりのスーパーマーベルで釣った9寸ヤマメ。枝の被さったプールの奧にフライを落として仕留めた。20m位投げるポイントや、テクニカルなポイントからじゃないと素直に魚が出ない。

やる気のある岩魚を見つけた。Sさんに是非初物を釣ってもらおうと応援した。何度かのチャレンジの後、フッキングに成功した。
しかし取り込みの最中に外れてしまった。

なんだかんだで夕方まで釣り歩いた。Sさんのフライに魚は出るものの、上手い具合にフライをくわえてくれないようだ。しかも岩魚にも関わらず一度きりでお終い。
残念ながら初物Getにはならなかった。

しかし釣り方は今日一日で上達した。
10m位まではフライを投げられるようになったし、ライン処理も少し様になってきた。
なんてフィッシングセンスがいいのだろう。
来年には一人前のフライマンになりそうだ。

Comments(0) | Trackback(0) | 2007Fishing

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/254-43d42ab0

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 go.narumi.All Rights Reserved

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索