FC2ブログ

07.5.27釣行2007-05-29(Tue)

本当なら子供の運動会のため、学校にいるはずだった。
前日から雨が降り続いていたため運動会は延期。
時間が出来たので釣りに行くことにした。

雨の影響が少ない場所を探すために、国土交通省の防災情報をチェックする。
出発が遅いけれど、気温も上がりそうにないので急がなくても良さそうだ。朝食を食べてから出かけた。

目的の川は毎年一度は訪れる川だ。
餌釣り時代から行っている川で、かれこれ20年以上にはなる。
山奥のほんの些細な小渓なのだが、なぜかここ数年のうちに釣り雑誌に採り上げられた。

この渓は以前からも地元のフライマンをよく見掛けるが、昨年は東京から来たという年輩の二人連れと出会った。
その人も何年もこの渓に通っているらしい。

実はボクもこの川を知ったのは東京の釣り倶楽部に入っているときに初めて訪れているのだ。
釣り好きの情報網は恐ろしいですね。

さて、当初予定していたポイントへ一目散に向かったところ、途中で数台の車が上流から降りてくる。山菜採りが多いと思うが釣り人もいるかもしれない。目的地では、ちょうど軽自動車が切り返しをしているところであった。
すれ違いざまに見えた姿はフライマンだった。
ナンバーも地元なので、前に見掛けた事のある地元フライマンだろう。

仕方ないので上流の大場所へ行ってみた。
しかしここにもタイヤの後は残っており、既に攻められた可能性がある。
時間は11時。落ち着いていれば釣れるかもしれないのでとりあえずやってみた。
しかし全く反応が無く、おまけに雨も降り出してきた。

ここもダメだとがっかりである。
下流部へ向かうことにする。

当初の目的地から下流側は手を着けられていないかもしれない。
2km程下流に車を停めた。


気温も低く、雨模様なので意気消沈だが、水量は釣りをするのにちょうど良い案配だ。
幸い#16~#12のメイフライがちらほらと目に付く。

枝の被ったボサ川なので、普段ならPezonのフェザーライト6'6"を使うところだ。しかし今日はTALISMAN Angelite7'1"でやることにした。
ランディングネットも大きいとボサに引っかかりやすくやっかいなので、普通サイズのBLODINブルックを使う。

渓に降りると木々の枝葉もまだ少ないため、思ったよりも開けていた。
入ってすぐのトロ場からは反応がなかった。
「ここもやられた後かな?」と一瞬不安がよぎるが、ボサ川は攻めきられることが少ないのでなんとかなるだろう。
その瀞場の流れ込みの激流の間にできた鏡にドライフライを落とすと魚が反応したように思えた。
気になったため、数度フライを落とすと魚が飛び着いた。
アワセも決まり、してやったりと思う。なかなかのサイズのようだ。
下流側に移動して取り込むと29cmの立派な雌ヤマメだった。

blog07.5.27yamame0.jpg


幸先良いスタートで気をよくした。
その後は至る所から魚が飛び出してくる。
3割くらいの感じで岩魚も混じる。
サイズは6寸から7寸が多い。

blog07.5.27iwana2.jpg


良いポイントでは体型の良いヤマメが必ず顔を出す。

blog07.5.27yamame1-3.jpg


途中のここぞという大場所のファーストプレゼンテーションにすぐさま反応したヤマメは尺位あったが、残念ながらフッキングせず。
これが捕れれば言うこと無しだったのに。

それでも次から次とAngeliteは魚を釣りまくる。

blog07.5.27yamame.jpg


なんたって魚の活性がもの凄い。
釣れてくる魚はたらふく食べておなかがパンパンだ。

blog07.5.27iwana1.jpg


いちいち魚の写真は撮っていられないので、気に入った魚だけ写真を撮る。

blog07.5.27yamame4.jpg


気が着くと時間は4時半になっていた。
釣った数は28匹。もう少しで30の大台だ。
30釣ったら止めることにした。
程なくして二匹のヤマメが釣れた。
30匹目は餌をたくさん食べておなかの膨らんだヤマメだった。

blog07.5.27yamame5.jpg


数え間違わないようにキーロックをカウンター代わりに使っている。

blog07.5.27cauntar.jpg


時間にして約5時間の釣りだった。距離は1kmちょっとしか釣っていない。
それにしても釣ったなー。
満腹です。

取り損なったヤマメが気になったが、今日は止めておく。
次回にはもっと大きくなってるから間違いなく尺越え。
夏頃にもう一度訪れてみよう。

ちなみに今日使ったドライフライは#14のイエローサリー1本だけ。

blog07.5.27yamame3.jpg


このフライは先週から使っているが、かれこれ50匹は魚を釣っていると思われる。
いまだ壊れず、もう少し使えそうである。

Comments(0) | Trackback(0) | 2007Fishing

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/239-151b035b

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 go.narumi.All Rights Reserved

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索