Super Marvel2007-03-31(Sat)

※Hans Gebetsroitherの読み方は「ハンス・ゲベーツロイター」と読むのが正しいようですので訂正させて頂きます。平成26年3月30日※

ペゾンの中で一番好きな竿は何かと訊かれれば、真っ先にスーパーマーベルMk2の名前を挙げる。
わずか7’2”の長さながら、素晴らしいキャスティング性能を有している。

スーパーマーベルはスーパーパラボリックPPPシリーズの1本で、シャルル・リッツがオーストリアのフライマン「ハンス・ゲーベッツロイター」の要望にあわせてデザインしたものだ。

オーストリアのフライマンはファストアクションのショートロッドを好む傾向にあるようで、ア・フライフィシャーズ・ライフを読むとその辺の事が書かれてある。
オーストリアの釣りを想像し、スーパーマーベルを振ってみるとまた愉しい。

20070331070501.jpg
ペゾンのスーパーマーベルといえば、Mk2のほうがポピュラーなのだが、70年代にはMk1モデルが存在していた。
シリアルナンバーから推察すると、70年代中期頃まではMk1とMk2が併売されていた可能性が考えられる。

スーパーマーベルというモデルには謎が多いようで、7‘3“という表記のモデルも存在する。
こちらは現物を見たことがないので判らないが、アクションがどうなのか気になるところだ。

ボクの持っている76年のサワダのカタログではMk1やMk2という呼び方ではなく、「スーパーマーベル7‘2“#4」としか書かれていなかった。当時のサワダでは輸入本数が非常に少ない貴重な物だったようだ。

20070331070439.jpg

Mk1モデル。トリコロールの飾り巻きの上にPezon et michelと表記がある。70年代前期頃まではそういったものも見受けられるようだ。

当時のカタログでは「フェザーライトより幾分硬くできており、一般の渓流に最適です・・」と解説されている。
80年のカタログでは「フェザーウェイトより更にパワフルで・・」と解説されているので、76年から80年の間にMk1モデルが廃盤になり、Mk2に移行したと思われる。80年のカタログでは適合ライン番手は#5/6になっている。

ペゾン社の歴代ロッドリストにもMk1・Mk2というモデル名は存在せず、「マーベル7‘00“」というモデルが1959年~1960年の一時期発売されていたことになっている。スーパーマーベルは1961年から発売されている。

このMk1は7‘2“とブランクに記入されているが、実寸が2incほど短くなっている。
ボクが勝手に推論するのだが、このMk1モデルのデザインは何かしらの事情により「マーベル7ft」のデータで作られた物なのではないだろうか。
データが違うのに気付かないまま製品化され、ブランクの表記の際にはそのまま「7‘2“」と記入されたと考えてみれば合点がいく。

Mk1のアクションはファストで、軽快なドライフライアクションだ。
70年代特有の細身のブランクで見た目は頼りなげだが、強い張りがある。ボクのMk1のシリアルナンバーは520でライン番手の表記は無い。
ボクは#4ラインで使っているが、ティップが比較的繊細なため近距離もコントロールしやすい。
ロングレンジも25m投げきるだけの性能を持っている。
このロッドのフェルールもフェザーライトと同じタイプの、ティップ側のフェルールが特殊な物になっている。

20070331070632.jpg
Mk1の表記とフェルール

また、バットに着いているガイドはストリッピングガイド1個のみになっている。
ボクのロッドの重量は88gとなっている。ロッド重量が軽い為とても軽快にキャスティングできる。シャープな振り心地で気に入った一本だ。
このロッドは近距離を多用する渓流で使うことが多い。

いっぽうスーパーマーベルMk2はとても強いアクションのロッドだ。
ブランクに記入されている適合ライン表記は年代で違っている。70年代ではライン番手の表記が#4/5になっているが、70年代後期以降はブランクの表記は#5になっている。

20070331070646.jpg
78年と88年のMk2の表記

ファストアクションのドライフライロッドに対して「棒のような竿」という表現があるが、スーパーマーベルMk2はそんな感じの竿だ。
キャスティング技術が無ければ竿を曲げることが出来ないので「硬くて飛ばない竿」というように評価する方もおられるようだが、竿の所為でなく自分の技術不足が原因なのだろうと思わずに入られない。

しかしラインを通して振ってみるとそうではないことが判る。
一般的には5番ラインのほうが使いやすいと思うが、ボクは#4ラインで使っている。4番ラインだとかなり強めになるが、ティップが意外なほど働いてくれるため慣れると近距離もこなすことができる。非常に優秀なアクションを有している証拠だ。

20070331070543.jpg
Mk2とやマメ

ラインを15yd程伸ばしてフォルスキャストするとさらにパワフルなラインが繰り出される。ここからがスーパーマーベルの本領発揮だ。
ロングレンジが得意な為、大渓流でも余裕で釣りができる。この竿一本あればドライフライなら藪沢から大渓流までどんな渓流でも楽しむことができる。
まさにスーパーマーベル(驚異)だ。

追記:2010.4.17
1986年のアングリングに載っているサワダの広告には、ポルティエール発表の広告が載っている。
そこには「ペゾン・ミシェルの数々のPPPロッドの中で、今では伝説的になっているスーパーマーベル・マーク1を・・・・」と書かれてあった。

Comments(5) | Trackback(0) | fishing Tackle

Comment

ideal1127様、こんばんは。
お手持ちのスーパーマーベルですが、竿の袋に着いているペゾンのワッペンの真ん中にParabolicと入っているのは70年以前のものだそうです。

コロラドをお探しでしたか。
ボクも以前持っていたのですが、今は手放してしまいました。
コロラドも良い竿ですね。
あのフィーリングは癖になりますから欲しくなるのも頷けます。
お探しとのことですが「出所の良い」というところはなんとも難しいですね。
なにか良い情報でもあったらコメントにてお知らせいたします。

2008-02-25 21:05 | URL | ナルミゴウ [ 編集]

ご覧いただきありがとうございます。

詳しい年代など分からないので勉強させていただきました。実は知人がコロラドをもっており振らしてもらったら、そのフィーリングがくせになってしまい、出所のいい」コロラドを探しているんです。そのための軍資金としてスーパーマーベルを出品しています。
お知り合いなどで欲しい方がいらっしゃったらぜひごしょうかいください。責任をもって対応させていただきます。またコロラド譲ってくださる方おりませんでしょうか?

2008-02-25 11:21 | URL | ideal1127 [ 編集]

ideal1127様、はじめまして。
拙Blogをご覧いただきありがとうございます。

出品されているスーパーマーベル7’3”は昨日気が着いて見ておりました。
60年代のPezonですね~。
リッツの目が行き届いていた頃のロッドでしょうから、ボクもすごく気になるところです。
アクションはもちろんロッドの実寸とかも気になります。
お近くであれば是非一度振らせていただきたいところですが、遠いようですので残念です・・

購入できればよいのですがねー。予算的に厳しいもので・・・
誰か知っている人の手に渡れば嬉しいです。

今後ともよろしくお願いいたします。

2008-02-24 09:58 | URL | ナルミゴウ [ 編集]

初めまして

いつも楽しく拝見させていただいております。ヤフーオークションにて7フィート3インチのスーパーマーベルを出品しております。ぜひご覧になってください。

2008-02-23 21:34 | URL | ideal1127 [ 編集]

はじめまして!突然すみません

興味ある記事でしたので、
任天堂wiiのソフトを紹介しているサイトにて
紹介させていただきました。

ご迷惑でなければ、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/tamagoyaki900/archives/50081706.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^

2007-03-31 09:57 | URL | wii♪ [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/175-d2161a4e

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索