2017.8.6釣行2017-08-08(Tue)

早朝2時に出発した。途中コンビニでおにぎりを買う時、免許を忘れてきたのに気が付いた。
仕方なく一旦帰宅したが戦意喪失によりふて寝。
それでも6時に起き出発。
行く場所は3箇所ほど頭をよぎったが、当初の予定通りの渓流へ行く事にした。
8時半頃到着した。人気河川なのだが珍しく先行者の車無し。

blog17862.jpg
前日も歩いた形跡無し。先日の大増水の影響は少なかったようにも思える。数年ぶりに訪れた渓は綺麗だった。

blog17860.jpg
一匹目の岩魚。
小さいけれども一匹目は嬉しいな。
2度反応するも咥え込まなかったが、3度目にやっと釣れた。
フライはジャシッド#12。
フライアングラーが多い渓流なので想定内。
なので細かいポイントも丁寧に釣り上がることにした。

blog17863.jpg

blog17864.jpg

blog17865.jpg
12時にお昼タイム。
午前の部は11匹。

blog17867.jpg

blog17868.jpg

blog17869.jpg

blog178610.jpg

blog178611.jpg

5時に終了。
午後の部は17匹。
7時間半で28匹の釣果でしたが、30cm×2、30.5cm、31cmの尺物4匹。
特大が出なくて残念でしたが、自分にしては爆釣でした。

今日はフリースのマハゴニー8ft#4を使いました。
リーダーシステムは自分にしては珍しく細い、サワダのスーパードライ5X。
夏岩魚は大きいフライやライトジンジャーのような明るいフライを敬遠するようなところがあるので、今日は弱気に攻めてみました。
浮いている魚は1匹も見なかったが、フライへの反応はすこぶる良く、地味な色合いのフライであれば#12ジャシッドでも#14アントでもテレストリアル系はなんでも良さそうな感じでした。
しかしフライの食い方は神経質そうな出方だった。
晴天なので仕方ないのかな。
フッキングした尺岩魚に、岩の隙間に潜り込まれた時にはもう無理かなと思ったけど、テンションを掛け続けていたら素直に岩から出て来てくれた。
ビヤーネ・フリースも、障害物に逃げ込まれても下流に引っ張っていれば出て来るときがあると解説していたのを思い出すが、まさにその通りの状況になった。

1.5kmの釣り場を約8時間掛けて釣りをし、帰りは川通しで戻る。30分ほどで戻れたが、最近足腰が弱ってしまった事を痛感。

Comments(0) | Trackback(0) | 2017Fishing

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/1205-8c0a003e

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索