2014.2.1スペイキャスト練習2014-02-02(Sun)

今日の天気予報は最高気温2度という事なので六戸道場です。
10時半頃到着すると既にKtさんが川に立ってました。
風が思いのほか強いし、滅茶苦茶冷たいです。

Suさんとくどうさんも来る予定だったけど、あまりの天気なので八戸道場に変更しようと思い連絡したら、すぐにSuさん登場。

折角来たのでここでやることにしました。
先週より寒いし強風です。

blog14211.jpg
今日もマッケンジーのパーフレックス15’にXLT#10Fです。
風が強いけど30mのスイープもいけます。
でも不安定なので、27~28mのスイープで30mちょっとの練習にしました。

blog14212.jpg
お昼にSuさんがお湯を沸かしてくれました。
おかげでカップヌードル食べられました。
しかし熱々ではなくて3分待ってる間に食べやすい温度になってます。
最後のあたりは人肌でした。
でも暖かいのを食べられるのは最高ですね!
Suさんありがとさんでした^^

2時頃までやって終了しました。

その後、プライベートノースにSuさんと行きました。
4時には風が収まりました。って事はお約束の~、第2部キャス練(笑

blog14213.jpg
shimaさんの動画を撮るSuさん。

blog14214.jpg
僕はCNDのエキスパートスペイを出しました。
今回は初めてHardyのマッハ65#9を載せてみました。
少し軽めですが、問題なく使えます。
30m程のレンジの釣りに良さそうです。


キャス練ノート:今日はスイープのスタート時の構えを右手と左手の高さをほぼ同じ(5cmほど左が下側)にしてました。
ロンチポジションの際にロッドを2時半の位置にキープしやすくなるだろうと思ってのことでした。
案の定意識せずとも楽にロッドを2時半に持っていけるようです。

YouTube見るとアンドリュー・トフは1時半-11時でキャストしているようで、だからロッドティップからタイトループが転がっていくのですね。
アークが狭いので、ショートストロークのキャスティングと同じ理論ではないのかな?
下手メインのキャスティングにしているのは、シングルハンドの小指の引き付けと同じでしょう。

対してスコット・マッケンジーは2時半-10時のアークです。
ワイドループになりますが、最後まで確実にターンオーバーさせられるキャスティングです。

ラインベリーが低く飛ぶのでラインが早く水面に着いてしまうようですが、僕はこちらのキャスティングスタイルでやろうと思っています。

ダブルスペイはラインが長くなると切り返しの際に急ぎすぎる癖があるようで、土手から見ていたくどうさんからのアドバイスで、ゆっくりやってみたらどーお?と言われやってみると、切り返しの際にラインが追従してきて27mのダブルスペイができるようになりました。

短いとゆっくり廻せるけど、長くなると勢いがないとラインを持ってこられないんじゃないかと思い、ロッドを振り回してしまいがち。

スイープでは速いスピードでロッドを動かすとラインが加速しすぎてしまい、アンカーがうるさく入ってしまいます。
ロッドはラインを常に引っ張っているようなスピードで動かすのがベターではないかな。

教訓:ロッドブンブン丸は禁物!

Comments(0) | Trackback(0) | Casting Practice

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://gouing.blog85.fc2.com/tb.php/1000-d18d35b0

プロフィール

スナフキン

Author:スナフキン





我が道を行くフライマンの独り言だと思ってお聞き流し下さい。

ページ左の「カテゴリー」で過去ログをご覧いただけます。
細分化してありますので興味あるカテゴリーを選びやすくなっています。

ブロとも申請の設定はしておりませんのでご了承願います。

釣り場情報は自然破壊に繋がりますので、一切載せておりません。

リンクフリーです。

本ブログに掲載されている画像及び内容の無断転載を禁止します。
Copyright © 2007 gounarumi.All Rights Reserved


FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索